庭木図鑑 植木ペディア > ヤマモモ

ヤマモモ/やまもも/山桃

Red bayberry

ヤマモモの実 食べる
初夏にできる実は、甘みがあって美味しい
山桃,やまもも,葉っぱ
新葉は赤味を帯びる
やまもも,葉っぱ
ヤマモモの葉は触れると手にワックスをしたようになる
やまもも,葉の裏
葉の裏面は白っぽい
山桃の花,やまもも,画像
ヤマモモの花
Red bayberry
実は赤黒く熟し、表面にザラメをまぶしたようになる
ヤマモモの木,やまもも
葉は生い茂るので・・・
害虫 葉 巻く 病気
ハマキムシの被害が多い
Red bayberry,picture
このため、枝葉を透かした手入れが望ましい
山桃,やまもも,ヤマモモ,味
環境の悪い都心でも、問題なく育つ
Red bayberry,tree.picture
樹皮の様子

【ヤマモモとは】

・中国及び日本を原産地とするヤマモモ科の常緑樹。関東以南の低地に自生し、西日本の太平洋沿いではごく普通に見られる。葉が密生し、丈夫であることからマテバシイなどとともに街路や公園、防風林として数多く植栽されている。中国名は楊梅で、台湾、韓国、フィリピンにも分布する。

 

・短い柄のある葉は長さ4~10センチ、幅1~3センチほどで、先端は緩やかに尖る。枝から互い違いに生じ、若い木の葉の縁はギザギザがあるが、成木にはない。革質で厚みがあり、触れるとワックスが効いているような質感がある。

 

 

・ヤマモモは雌雄異株で、ほとんど目立たないが4月になると葉の脇から花穂を出して小さな花を咲かせる。雄の木に咲く雄花は黄色あるいは赤っぽい褐色の穂状で長さは2~4センチほど。雌の木に咲く雌花は黄緑色で直立し、長さは1センチほどになる。いずれも開花期間は短く、観賞価値も乏しい。高知県では県の花に指定しているが、おそらく果実に重きを置いていると思われる。

 

・初夏にできる直径1~2センチの果実は、表面に小さな凹凸があり、6月になると暗い紅紫色(白実もある)に熟す。甘味、酸味に加え、松脂のような雑味があり、中に入っている硬い一粒の種子が邪魔になるが、生で食べることができる。

 

・四国や九州ではヤマモモの果実が店頭販売されるが、朝に摘んだものが昼にはダメになるといわれるほど日持ちしないため、ジャムや果実酒、塩漬けに使われることが多い。果樹として品種改良が進んでおり、収穫メインの場合は直径がより大きい「瑞光」「森口」「亀蔵」といった品種が好まれる。

 

 

・幹は直立し、その径は最大で1mほどになる。灰白色の樹皮は薬用、染料用になる。染料としては媒染剤によって黄色または茶色になり、潮水に強いため主に漁網を染めるのに使われた。

 

【育て方のポイント】

・根に根粒菌を共生させており、収穫量を気にしなければ、日陰や痩せ地でも育てられる。粘土質の土壌を好むが、土質はあまり問わずに育つ。挿し木や接ぎ木は難しく、繁殖は実生による。

 

・潮風、強風、乾燥に強く、葉が密生するため、完全な目隠しを作りやすい。ただし株下は暗くなるため、花を植えるような楽しみ方はしにくい。また、大量の実が落下して地面を汚すため、街路樹としては雄の木を使うことが増えている。

 

・収穫については豊作と凶作(裏作)を隔年で繰り返すことが多い。実がならない年は一粒もできないこともある。また、苗木を植えた場合、収穫できるようになるまで10年ほどかかる。

 

・収穫のためには、雌雄両方の木が必要というが、風媒花であり半径15キロ程度以内にオスの木があれば足りる。(実際、管理人は雌の木しか植えていないが収穫できる。)

 

・コブ病やハマキムシ(写真参照)の被害が多い。また、熟した実にはカナブンが寄ってきて食害することがある。

 

【ヤマモモの品種】

・シロモモ

 果実が白い品種

・ヒメヤマモモ

 背丈が30センチほどにしかならない品種で、葉も小さい。  

姫山桃の木
ヒメヤマモモの葉

【ヤマモモに似ている木】

・ホルトノキに似るが、ホルトノキは葉の縁がややギザギザしていることや葉の裏側の模様が異なる。 

 

・いわゆるモモ(バラ科サクラ属)とヤマモモはまったく別の種類で関連はない。山に自生する桃に似た実という意味合いでヤマモモとなった。ヤマモモの実は、モモの味はしない。

ヤマモモの基本データ

 

【分類】ヤマモモ科/ヤマモモ属

    常緑広葉/高木

【学名】Myrcia rubra

【別名】ヤマモ/ヤモモ

    モモ/シブキ

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】6m~25m

【用途】シンボルツリー/果樹

    街路樹/公園

【値段】800円~