庭木図鑑 植木ペディア > ヤブツバキ

ヤブツバキ/やぶつばき/藪椿

Camellia

開花時期
ヤブツバキの花(赤花)
ヤブツバキの葉っぱ
ヤブツバキの新葉
藪椿,やぶつばき,葉っぱ
ヤブツバキの葉はピカピカしている
ヤブツバキのツボミ
蕾の様子
ヤブツバキ,花の色
白花もある
やぶつばき,打ち首
花は終わると首ごと落下し、武士は忌み嫌った
ツバキ,種類,やぶつばき
ヤブツバキを原種として多数の品種が作られた
TSUBAKI
整髪用の油を採取するツバキの実
椿,垣根,害虫
生垣に使うこともあるが毛虫の被害が多い
椿の幹,やぶつばき,画像
ヤブツバキの樹皮

【ヤブツバキとは】

・ツバキ科ツバキ属に属する日本固有の常緑樹。本州(青森県夏泊半島が北限)から沖縄の各地に自生するが、東北地方では海岸沿いに多く、それ以外の場所では山地にも見られる。大島を代表とした伊豆七島はヤブツバキの名所として古くから知られる。

 

・日本最古の観賞用花木あるいは代表的な茶花として知られ、江戸時代には本種とユキツバキを掛け合わせるなどして数多くの品種が作られたが、単にツバキという場合は本種を示す。ヨーロッパにおいても「冬のバラ」と称され、品種改良が盛んに行われた。

 

・2月から4月にかけて赤又は白の五弁花を咲かせる。花は枝先に一輪ずつ、やや筒状に開くのが特徴。しばし混同されるサザンカのように全開せず、その控えめな様子が好まれて茶花に使われる。花にはヒヨドリやメジロが集まり、花粉を運ぶ。

 

・野生種では咲き終わった花が丸ごと落下するのもサザンカとの違いであり、「武士たちは、これが打ち首を連想させるとして忌み嫌った。」との俗説が知られる。花はサルの好物であり、人間社会でも花弁を天婦羅にして食べる風習がある。

 

・9月から10月にかけて熟す実には3~5個の種子ができる。この種子からはオレインを含む良質の油が採れ、かつては食用(てんぷら油など)、整髪用、薬用、工業用に使われた。

 

・葉は長楕円形で先端が尖り、周囲には細かなギザギザがある。長さ5~11センチ、幅3~8センチほどで、枝から互い違いに生じる。両面に毛がなく、年中ツヤツヤとしていることから、光沢を表す古語の「ツバ」を冠した「ツバの木」からツバキとなった(他にも「艶葉木」、「厚葉木」など諸説ある。)。葉を食べることはできないが、春を演出するため餅や寿司をツバキの葉に挟む風流な伝統がある。

 

・漢字は「椿」、「海石榴」、「山茶」が当てられる。最も有名な「椿」は和字(日本ならではの使い方)であり、中国語の「椿」はチャンチンという別の木を示す。英名のカメリアは、この木を日本からロンドンに持ち帰ったチェコスロバキア人宣教師の名前。

 

・ヤブツバキの樹高は最大で15m以上になる。樹皮には細かな皴や模様が出ることもあるが触り心地は滑らか。材は緻密で耐久性が高く、光沢のある仕上がりはツゲに似ている。ツゲほどの高級品とは見なされないが、櫛、将棋の駒、印鑑等に利用される。

 

【ヤブツバキの育て方のポイント】

・温暖な地を好み、冬の寒風、乾燥に弱い。土質はさほど選ばずに育つ。

 

・半日陰地を好み、日陰にも強い(日差しが強い場所では葉色が悪い)。

 

・一年中、光沢のある濃緑の葉をつけており、目隠し、風よけとして使うことができる。ただし、葉の色が濃いため、放任すると庭が鬱蒼とする。

 

・チャドクガの被害に遭いやすいため、消毒や剪定が不可欠だが、剪定に対する抵抗力は高くないため、剪定には技術と知識が必要となる。

 

ツバキとサザンカの見分け方】

・サザンカの若い枝には細かな毛が生えている。

・サザンカは秋から冬に花が咲く。ツバキは晩冬から初春。

・ツバキは花が丸ごと落下して散る。サザンカは花びら単位で散る。

 

【ヤブツバキに似ている木】

 日本に自生する野生のツバキは本種のほか、本州中北部の日本海側を中心に分布するユキツバキと、屋久島に分布するヤクシマツバキ(別名リンゴツバキ)がある。ユキツバキは雪に耐えるため枝が横へ這う性質を持ち、葉はヤブツバキよりも薄く、縁により鋭いギザギザがある。ユキツバキとヤクシマツバキを本種の亜種と考える説もある。

 

 【ヤブツバキの園芸品種】

 ツバキには500を超える品種がある。以下はほんの一部

白侘助
白侘助
白唐子
白唐子
一休
一休

白長楽(しろおさらく)
白長楽(しろおさらく)
白菊(しらぎく)
白菊(しらぎく)

白玉(しらたま)
白玉(しらたま)
磨墨(するすみ)
磨墨(するすみ)
白乙女(はくおとめ)
白乙女(はくおとめ)

五十鈴 
五十鈴 
古金蘭 
古金蘭 
月の都 
月の都 

日月(じつげつ)
日月(じつげつ)
本所白(ほんじょじろ)
本所白(ほんじょじろ)
白竜(はくりゅう)
白竜(はくりゅう)

蝶千鳥
蝶千鳥
都鳥
都鳥

大田白(おおたはく)
大田白(おおたはく)
玉牡丹 
玉牡丹 
丹頂(たんちょう)
丹頂(たんちょう)

嵯峨初嵐 
嵯峨初嵐 
袖隠
袖隠

加茂本阿弥 
加茂本阿弥 
タシロ
タシロ

タラハッシガール 
タラハッシガール 
フランス白 
フランス白 

ツバキ 品種
富士の峯
variety of camellia
白妙蓮寺
つばき 種類
日出富士

ミウラオトメ 
ミウラオトメ 
平林寺筒咲 
平林寺筒咲 
羽衣
羽衣

王昭君 
王昭君 
笑顔 
笑顔 
丸弁羽衣
丸弁羽衣

球錨 
球錨 
三浦乙女 
三浦乙女 
春曙光 
春曙光 

神楽獅子 
神楽獅子 
肥後椿(ひごつばき)
肥後椿(ひごつばき)
太朗庵 
太朗庵 

常満寺 
常満寺 
不如帰(ほととぎす)
不如帰(ほととぎす)
数寄屋 
数寄屋 

フラグラントピンク 
フラグラントピンク 
マリーブレーシー 
マリーブレーシー 

テイエンテイホス 
テイエンテイホス 
ティファニー 
ティファニー 

ドリームボード 
ドリームボード 
ドロシージョンソン 
ドロシージョンソン 

ドラマガール 
ドラマガール 
宝専寺 
宝専寺 

絞り乙女 
絞り乙女 
飛入乙女 
飛入乙女 
絞唐子
絞唐子

ジョイケンドターフ 
ジョイケンドターフ 
灌花絞(かんかしぼり)
灌花絞(かんかしぼり)
ドクターティンスリー 
ドクターティンスリー 

春の台(うてな) 
春の台(うてな) 
太神楽桃清司(だいかぐらとうせいし)
太神楽桃清司(だいかぐらとうせいし)
子紅葉 
子紅葉 

古金欄 
古金欄 
肥後京錦(ひごきょうにしき)
肥後京錦(ひごきょうにしき)
光源氏
光源氏

蝦夷錦 
蝦夷錦 
ルックアウェイ
ルックアウェイ
葛城絞
葛城絞

鹿児島 
鹿児島 
宝合
宝合
眉間尺 
眉間尺 

玉の浦 
玉の浦 
日暮 
日暮 

菊更紗 
菊更紗 
花車
花車
源氏絞 
源氏絞 

狩衣(かりぎぬ)
狩衣(かりぎぬ)
有川(あるかわ)
有川(あるかわ)

岩根絞 
岩根絞 
紋繻子(もんじゅす)
紋繻子(もんじゅす)
天が下 
天が下 

アドルフ オーデュソン スペシャル 
アドルフ オーデュソン スペシャル 
星牡丹
星牡丹
エレガントビューティー 
エレガントビューティー 

オーキッドピンク 
オーキッドピンク 
楼蘭
楼蘭
オランダ紅 
オランダ紅 

草紙洗(そうしあらい)
草紙洗(そうしあらい)
赤角倉(あかすみのくら)
赤角倉(あかすみのくら)
大唐子(おおからこ)
大唐子(おおからこ)

桃下美人 
桃下美人 
墨染 
墨染 
菱唐糸(ひしからいと)
菱唐糸(ひしからいと)

赤呼子鳥 
赤呼子鳥 
明石潟
明石潟
赤腰蓑 
赤腰蓑 

天ケ下(あまがした)
天ケ下(あまがした)
東京B
東京B

御所車 
御所車 
崑崙黒(こんろんこく)
崑崙黒(こんろんこく)
孔雀椿 
孔雀椿 

緋縮緬(ひじりめん)
緋縮緬(ひじりめん)
妙蓮寺(みょうれんじ)
妙蓮寺(みょうれんじ)
卜伴(ぼくはん)
卜伴(ぼくはん)

隅田川 
隅田川 
胡蝶侘助 
胡蝶侘助 

紅獅子 
紅獅子 
熊坂
熊坂
荒獅子 
荒獅子 

光明 
光明 
熊谷
熊谷
紅乙女
紅乙女

寒陽袋 
寒陽袋 
多福弁天
多福弁天
関西黒龍 
関西黒龍 

関西秋の山 
関西秋の山 
関西黒龍 
関西黒龍 
菊冬至
菊冬至

クラマーズ シュプリーム 
クラマーズ シュプリーム 
ロゼアスーパーバ
ロゼアスーパーバ
クリスマスビューティー 
クリスマスビューティー 

瑞祥 
瑞祥 
襦子重(しゅすがさね)
襦子重(しゅすがさね)
朝鮮椿
朝鮮椿

永楽(黒侘)
永楽(黒侘)
紺侘助
紺侘助

ヤブツバキの基本データ

 

【分類】ツバキ科 ツバキ属

    常緑広葉 小高木 

【学名】Camellia japonica 

【別名】ツバキ/ヤマツバキ/カタシ 

【成長】遅い 

【移植】簡単 

【高さ】5m~15m  

【用途】花木/垣根/茶花

【値段】500円~