庭木図鑑 植木ペディア > ネズミモチ

ネズミモチ

Japanese privet

ネズミモチの葉 画像
葉の外見はモチノキというより、ツバキに近い・・・
鼠モチ 写真
繁殖力が高く、そこらじゅうに生える
安上がりの垣根
値段が安いため,生垣や・・・
Japanese privet tree
街路樹として植栽することも多い
ネズミモチの花
花の時期(5~6月)には、よく目立つ
flower of Japanese privet
近くで見ると案外、可憐で美しい
ネズミモチの実,画像
花の後には名前の由来となる実ができ始める
ネズミモチ,黒い実
晩秋に黒く熟せば、鼠の糞に見える?

【ネズミモチとは】

・モクセイ科の常緑広葉樹。秋になる実がネズミの糞に似ていること、葉がモチノキに似ていることからネズミモチと命名された。

 

・庭木としての観賞価値はあまり高くないものの、堅強な性質を持ち、都市部の劣悪な環境でも耐えることから、垣根や緑地の「植えつぶし」として使われる。

  

・実は長さ7ミリ程度の楕円形。熟した実は日干しして漢方薬に使われる。

 

【育て方のポイント】

・日陰に強く、土質を選ばず、成長も早い。

・病害虫に強い(まれにスス病、うどんこ病)

・枝葉がよく生い茂り、目隠しになる。刈り込みにも強いが、頻繁に刈り込まないと、樹形が崩れる。

・本州から沖縄まで広い範囲に分布するが、寒さにやや弱く、植栽適地は関東以西となる。 

 

【ネズミモチの品種や見分け方】 

トウネズミモチ(唐鼠黐)

 公園などで見かける中国原産の品種。画像のとおり、ネズミモチより葉が大きく、葉を太陽に透かすと葉脈が見えることで簡単に区別できる。トウネズミモチは寒さに強く、日本全国で植栽できる。

ネズミモチの見分け方,違い,特徴
左がネズミモチ 右がトウネズミモチ

・キマダラネズミモチ  

 葉に模様が入る品種で雰囲気が暗くならないため、今風の建物に合わせることもできる。

ネズミモチ 種類
葉に模様が入る「キマダラネズミモチ」(虫食いです)

・ムニンネズミモチ

 小笠原諸島に固有の種で、潮風を凌ぐためネズミモチよりも葉が厚くなっているのが特徴。花はより小さいが、同じように咲き、同じように実がなる。

ネズミモチの種類
ムニンネズミモチ

・フクラモチ 

 葉が密生し、葉の縁が波状に反り返る品種。ネズミモチよりは観賞価値があるとされる。 

ネズミモチの基本データ

 

【分類】モクセイ科/イボタノキ属

    常緑広葉/高木

【学名】Ligustrum japonicum

【別名】タマツバキ/テラツバキ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】3m~6m

【用途】垣根/公園/工場

【値段】300円~