庭木図鑑 植木ペディア > トウネズミモチ

トウネズミモチ/とうねずみもち/女貞

Glossy privet

ネズミモチとトウネズミモチ 見分け
ネズミモチと同じように鼠の糞に似た実ができる
トウネズミモチ,とうねずみもち,葉っぱ
新芽の様子
唐鼠モチ,とうねずみもち,葉っぱ
葉の長さは10センチ近くにもなる
leaf,Glossy privet in Japan
陽に透かすと葉脈が透けて見えるのがネズミモチとの違い
トウネズミモチ,とうねずみもち,花の時期
開花はネズミモチより1か月ほど遅れる
トウネズミモチの花 画像
花の時期は木全体がクリーム色に包まれる
とうねずみもちの木の実
花の後には黄緑色の実ができ・・・
トウネズミモチ,とうねずみもち,実,画像
黒く熟す 野鳥が好んで食べるため・・・
とうねずみもち 庭木図鑑
そこらじゅうに生じ、「要注意外来生物」とされる
トウネズミモチ,とうねずみもち,幹,画像
大木の樹皮

【トウネズミモチとは】

・中国を原産とするネズミモチで、在来のネズミモチよりも葉や実が大きい。日本へ渡来したのは明治初期だが、現在は在来種よりも目にする機会が多い。

 

・都市部の劣悪な環境(排気ガス等)にも耐えることから、戦後の高度成長期には手軽に緑化できる便利な樹木として多用されたが、あまりに繁殖力が強いため、今となっては「要注意外来生物リスト」(環境省)に掲載されている。

 

・近年はトリカラーや斑入りのトウネズミモチなど、カラフルな色合いの品種がいわゆるカラーリーフとして楽しまれるようになった。

 

・「ネズミモチ」という名は、秋になる実がネズミの糞に、葉がモチノキに似ていることからきている。でき始めの実は緑色で熟すにつれて黒紫色になる。トウは唐で、中国を意味する。

 

・いかにも役に立たなそうな名前のネズミモチだが、漢方では干した実を「女貞子」と呼び、強壮に用いる。

 

【育て方のポイント】

・日陰に強い。

 

・病害虫に強い。

 

・まれにスス病にかかる。

【ネズミモチとトウネズミモチの見分け方】

・ネズミモチ(日本産)との見分け方

 葉の形は似るが、大きさには御覧のように歴然とした違いがある。また、トウネズミモチの葉は陽にかざすと葉脈が透けて見えるのが特徴。 

・トウネズミモチの実は、ネズミモチの実よりも丸い。

 

・トウネズズミモチの方が1ヶ月以上、開花が遅い。

トウネズミモチの基本データ

 

【分類】モクセイ科 イボタノキ属

    常緑広葉 中高木

【学名】Ligustrum lucidum

【別名】トウネズ/リュウキュウネズミモチ

【成長】かなり早い

【移植】簡単

【高さ】5m~15m

【用途】垣根/公園/工場

【値段】600円~