庭木図鑑 植木ペディア > タニワタリノキ

タニワタリノキ/たにわたりのき/谷渡の木

Chinese buttonbush

人工衛星の木,たにわたり
タニワタリノキの花は夏に咲く
Chinese buttonbush
葉の様子
たにわたりのき,葉っぱ
裏面は7~9対ある葉脈(側脈)が目立つ
Chinese buttonbush,flower
花序は普通1本だが、稀に3本出ることも(画像は開花前)
ジンコウエイセイノキ
タニワタリノキの花(咲き始め)
じんこうえいせいの木
別名は「人工衛星の木」 開花しきると純白に
たにわたりのき,幹
樹皮は灰色で樹齢を重ねると鱗状に剥離する 

【タニワタリノキとは】

・日本(九州南部~沖縄)、中国、ベトナム、インドネシアなどに分布するアカネ科の常緑樹。谷間の湿地などに自生し、初夏に咲く独特な花を観賞するため、庭木や鉢植えとしても流通する。

 

 

・葉は長さ6~10センチの細長い楕円形で、枝から対になって生じる。先端は尖るが縁にギザギザはなく、両面とも無毛。葉柄は短く、4~10ミリほど。若い枝は赤みを帯びた緑色で細かな毛があるが、古くなると灰黒色になって縦筋が入る。

 

・開花は6~7月。枝先近くの葉の脇から伸びた球形の花序(花の集り)に、淡い黄色の小花が密生する。一つ一つの小花は長さ2センチ弱の筒状で、細長く飛び出すのは雌しべ(花柱)。5本ある雄しべは花筒の口部にとどまり、シベの基盤となる花托(花床)には剛毛と棍棒状の小苞がある。

 

・花の後にはクサビ形の乾いた実ができ、10~12月に熟すと自然に裂け、翼のある種子が風によって拡散される。種子は直径1ミリほどの楕円形で毒性がある。 

 

【タニワタリノキの育て方のポイント】

・原産は暖帯~熱帯で、耐寒性はやや乏しい。関東以北では冬季に落葉する半落葉性となる。基本的には丈夫な性質を持ち、土質はあまり選ばない。

 

・日向を好むが乾燥に弱いため、植穴には腐葉土や堆肥をすき込んで保湿性を高めた方がよい。

 

【タニワタリノキに似た木】

・アメリカヤマタマガサ(セファランサス)

 園芸用にタニワタリノキとして流通する近縁種で、「人工衛星の木」「ムーンライトファンタジー」などと命名されて販売される。タニワタリノキよりも耐寒性が高いため、北海道を含めた日本各地に地植えできる。

 

・シマタニワタリノキ

 済州島と中国に分布する品種。タニワタリノキよりも全体に小さく、開花期はやや早い。花色は淡いピンクあるいは白色になる。

 

・ヘツカニガキ

 九州南部、四国南部、中国本土と台湾に分布するタニワタリ属の落葉小高木。枝先に多数同じような花を咲かせるが、葉は大きな卵形で葉柄はタニワタリノキよりも長い。ヘツカは「辺塚」で、発見地の鹿児島県辺塚に由来する。

 

 

・名前が似たタニワタリ(みつながしわ)は神事に使われるシダの仲間であり、本種とは関係がない。

タニワタリノキの基本データ

 

【分類】アカネ科/タニワタリノキ属

    常緑広葉/低木

【学名】Adina pilulifera

【別名】サワワタリ/人工衛星の木

    ボタンブッシュ/タマガサノキ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】5m~6m

【用途】庭木/切花

【値段】2,500円~