誕生日の木

一般財団法人 日本植木協会というところが提唱している「誕生日の木」を紹介するページです。画像をクリックするとそれぞれの木の詳細ページへ移動します。代表的な花言葉も掲載しましたので記念樹や樹木葬の樹種選びの参考にどうぞ。







ところでこの「誕生日の木」ですが、引用しておいて何ですが、木の選び方が自由奔放過ぎて???というところが多々あります。以下が主な疑問点ですが、植木を普及するという趣旨には強く賛同していますので、関係者の方々、是非、樹種等を再考していただければ幸いに存じます。

 

①せっかく「誕生日の木」と謳っているのに、なんと木ではないパンパスグラスとキク(多年草)が入っている!蔓性植物、竹やササは許容するとしても、多年草はアウトではないだろうか(キクは盆栽で木化させるケースもあるが)。

 

②ハクショウなどレアな木がノミネートされる一方、スギ、アラカシ、マテバシイなど、より一般的な樹木が選外になっている。「あえて流通を促進するほど利益の上がる木ではない」という大人の事情があるのかも・・・

 

③ツバキ(特にワビスケ)に対するこだわりが強すぎて、何種類も選出されており、他の樹種とのバランスが悪い。ウメやサクラも同様であるため和の趣向が強いのかと思いきやイタリアンサイプレスなどもあって基準が混沌としている。

 

④品種を細かに指定している木がある一方、サクランボ、サトザクラ、キクなどと急にザックリとした指定になる時があり、選出のレベルにムラがある。

 

⑤木々の見頃を狙って誕生月日を指定しているような時もあるが、「なぜこの季節に?」という木もあり、基準が分かりにくい。