庭木図鑑 植木ペディア > スイショウ

スイショウ(水松)

Chinese swamp cypress

水松 特徴
スイショウ(中央)は日本のスギ(右)と比べると清々しい
スイショウ 樹木
新葉の様子
Chinese cypress,leef
葉の様子は短枝と長枝で異なる(画像は短枝)
すいじょう 葉っぱ 画像
長枝の葉
chinese swamp cypress
上方の枝は上へ、中央の枝は横へ、下方の枝は下へと向かう
スイショウの幹 写真
樹齢を重ねると縦に浅く裂け目ができる  

【スイショウとは】

・中国南部(福建省、広東省、江西省)を原産とするスギ科の落葉針葉樹。ラクウショウと同じように水辺を好み、マツに似た葉を持つことからスイショウと名付けられた。中国では縁起の良い木とされ、田畑に好んで植栽される。

 

・日本へ渡来したのは明治時代末期だが、一般的な庭木としては流通しておらず、暖地の植物園等に見本として植栽される程度。ちなみにスギ科スイショウ属として分類されているのはこの木だけである。

 

・葉はマツよりもメタセコイアなどに印象が近い。長い枝は鱗状の葉になり、短い枝は針状になる。また枝の育ち方も場所によって異なり、上の方の枝は直立するが、下枝は垂れ下がる傾向を持つ。秋にはメタセコイアのように赤褐色に紅葉する。

 

・花期は3~4月ごろだが、小さい花が高い枝先に咲くため、ほとんど目立たない。花の後には10月にかけて球果(まつぼっくり)ができる。まつぼっくりは瓦が重なったような鱗で覆われる。

 

・若木の成長は早いが、成木となると極端に成長が抑えられ、樹齢25年でも高さは10m以下にとどまる。

 

【育て方のポイント】

・自生地は川、沼、沢の岸辺であり、水中でも育つほど湿気に耐え、乾燥地では育たない。

 

・枝がポキポキと折れやすいため、むやみに木に登ることは避けたい。

 

・耐寒性がやや低いため植栽の適地は関東地方以西に限る。

 

・実生または挿し木で繁殖できる。 

スイショウの基本データ

 

【分類】スギ科 スイショウ属

    落葉針葉 高木 

【学名】Glyptostrobus pensilis

【別名】イヌスギ

【成長】遅い

【移植】難しい

【高さ】15~20m

【用途】公園 

【値段】