庭木図鑑 植木ペディア > レンゲツツジ

レンゲツツジ/れんげつつじ/蓮華躑躅

Renge-tsutsuji(Japanese azalea)

毒性,特徴,花言葉
花言葉は「情熱」「堅実」など
ふゆめ,れんげつつじ
冬芽の様子
れんげつつじ,葉
葉色は明るく、水草のような雰囲気に
れんげつつじ,葉っぱ
葉は枝から互い違いに生じる
れんげつつじ,ツボミ
名前の由来となる蕾の様子
有毒,蓮華躑躅
有毒植物であり、花や葉には毒性がある
開花時期
開花は4~6月頃
れんげつつじ,特徴
花の後の様子
れんげつつじ,実
果実は熟すと自然に裂ける
Renge-tsutsuji,Japanese azalea
紅葉期の様子
レンゲツツジ
幹の様子

【レンゲツツジとは】

・北海道西南部、本州、四国及び九州に分布するツツジ科ツツジ属の落葉低木。春に咲く大輪の花を観賞するため古くから栽培され、庭園の定番となっており、多くの園芸品種の原種としても知られる。日本特産のツツジだが、中国を原産とするトウレンゲツツジの変種とされる。

 

・各地の山地、丘陵の草原に自生するが、寒冷地では平野でも普通に見られる。朱色の花が高原に群生する様は見事だが、これは花に毒性があって動物に嫌われた結果。関東地方の名所としては、本種を県の花としている群馬県の赤城山、榛名山、浅間高原、武尊牧場などがある。

 

・レンゲツツジという名前は、蕾(あるいは花)が輪状に並ぶ様子を蓮華(ハスの花)に見立てたもの。開花は4~6月で葉の展開に前後し、ツツジ類最大の花を2~8輪ずつ枝先に咲かせる。花色は朱色が基本だが、地域や個体によって濃淡があり、変化が多い。

 

・花は直径5~8センチの漏斗状で、横向きに咲く。花冠は五つに裂け、上面には斑点がある。内部には1本の雌しべと5本の雄しべがあり、雄しべ(花糸)の基部には白毛があり、雌しべ(花柱)は無毛で長く突き出る。

 

・花の後にできる果実は長さ2~3センチの楕円形。白い短毛あるいは長い褐色の剛毛が生じ、枯れた花柱(雌しべの一部)が長い間、落ちずに貼り付く。果実の内部には深い溝があって5つに分かれており、10~11月に熟すと五つに裂け、多数の種子が飛び出す。

 

・葉は長さ5~10センチ、幅1.5~3センチの細長い卵形で先端はあまり尖らず、縁は細毛があって波打つようになる。葉肉は薄く、表面は深緑色。裏面は粉を吹いたように白くなる場合がある。秋は黄葉あるいは紅葉するが乾燥した町中では綺麗になりにくい。

 

・樹皮は明るめの灰褐色あるいは灰白色で、株立ち状に細い幹が乱立することが多い。枝は太めで枝分かれは粗く、細枝には褐色の粗い毛がある。

 

【レンゲツツジの育て方のポイント】

・冷涼な地では生育良好だが、気温が高くて乾燥した都会では育てにくい。

 

・日当たりの良い場所を好み、日陰では花数が少なく、生育も悪い。

 

・火山灰土のような酸性土壌を好むが、栽培品ではあまり土質を選ばずに育つ。

 

・剪定に耐えるが、刈込はせずに自然樹形を観賞するのが一般的。

 

・花、葉、根皮にはアセビと同じような有毒成分(グラヤノトキシン、ロードジャポニン)があるので、ペットや小さな子供がいる家庭では配慮が必要。

 

・挿し木は難しく、繁殖は実生によることが多い。

 

【レンゲツツジの品種】

・赤い花が咲くコウレンゲ(紅蓮華)あるいはレンゲボタン、濃い朱色の花が咲き、最も一般的に植栽されるカバレンゲ(樺蓮華)、九州に多く、黄色い花が咲くキレンゲ(黄蓮華)、葉の裏面が特に白いウラジロレンゲツツジなどがある。

 

【レンゲツツジに似ている木】

ヤマツツジ

花の色
多くの園芸品種があり、花の色は多様(画像はエクスバリー)

レンゲツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科 ツツジ属

    落葉広葉 低木

【漢字】蓮華躑躅(れんげつつじ)

【別名】オニツツジ/イヌツツジ

    ウマツツジ/ドクツツジ

    アカギツツジ

【学名】Rhododendron japonicum

【英名】Renge-tsutsuji(Japanese azalea)

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】0.5m~3m

【用途】花木/公園/花材

【値段】1000円