リンゴ/りんご/林檎

Apple tree

林檎の木の特徴
北国の果樹だが、花も美しい
リンゴの新葉
若い枝葉には綿毛が生じる
リンゴの花のツボミ
蕾の様子
apple tree flower
花言葉は「誘惑」(画像は品種「津軽」)
りんご,花
シベの雰囲気も清楚で美しい
リンゴの木の葉
葉っぱの様子
リンゴの果実
未熟な果実の様子
収穫時期
品種は多様で、収穫は夏から晩秋まで続く
apple tree
果樹として管理されている木の様子
りんご,木の幹
樹皮の様子

【リンゴとは】

・ヨーロッパ東南部及び西アジアを原産とするバラ科の落葉樹。ブドウや柑橘類と並ぶ重要な果樹の一つであり、有史以前から栽培されていたことが遺跡によって証明されている。漢字表記の「林檎」は中国語に由来し、リンゴという名前はその発音、リンキンあるいはリンゴンによる。

 

・江戸時代までは中国産のリンゴ(和リンゴ)をリンゴと呼んで食していたが、これは果実が小さく、明治以降になって本種(セイヨウリンゴ)に取って代わられた。現在、果実として流通しているリンゴの多くは、明治初期に開拓使を通じてアメリカなどから輸入された種を日本で品種改良したもの。主要産地は青森県と長野県であり、青森県ではリンゴを県の花に指定している。

 

・リンゴは知恵、愛、美、不死、豊穣の象徴とされる。ニュートンはリンゴの果実が落ちるのを見て万有引力を発見した、アダムとイブは禁断のリンゴの果実を食べたためにエデンの園を追放されたといったリンゴをめぐる話は古今東西に多い。

 

・葉は縁にギザギザの目立つ楕円形で、枝から互い違いに生じる。長さ6~13センチの広い楕円形または卵形で、若い枝葉には灰白色の綿毛が密生する。

 

・開花は4~5月で、直径3~4センチの5弁花が枝先に数個ずつ咲く。花の色は白あるいはピンク色を帯びた白で、20個の雄しべと5個の花柱があり、花の基部にも綿毛が密生する。枝一面に咲き誇る様は美しく、観賞用の庭木としても使われる。

 

・果実は直径4~12センチで両端がくぼむ。色形や大きさは品種によって異なり、青いまま収穫する品種や果皮の黄色い品種もある。収穫は夏の終わりから晩秋で、早熟の早生種は8月に収穫できる。

 

・果実は栄養分を多く含み、古くから滋養のある果実として知られる。生食のほか、ジャム、ジュース、ゼリー、果実酒、リンゴ酢などに加工される。食用にするのは子房ではなく花托と呼ばれる部分であり、子房は果実の中心で硬くなる。

 

・若い木の樹皮は黒紫だが樹齢を重ねると灰褐色になる。放任すれば傘型の樹形になるが、果樹として栽培する場合、収穫しやすいよう背丈程度の高さに留め、剪定を繰り返して管理する。

 

【育て方のポイント】

・商業生産がなされているのは北海道、東北、長野、北陸であり、冷涼かつ昼夜の寒暖差が大きい地方に適する。

 

・夏の高温多湿、春の遅霜、雨の多い暖地を嫌う。寒い地方の方が果肉が締まって美味になる。

 

・自家受粉が難しいため、人工授粉させるか、開花時期が重なる二品種以上を一緒に植える必要がある。

 

・赤星病、うどん粉病、黒星病などの病害、シンクイガなどの害虫による被害がある。外観も味も望ましい果実を得るには、果実を間引いたり、袋を掛けたり、消毒したりといった手間が必要になる。

 

・一般的なリンゴは結実までに5~6年かかる。家庭栽培の場合、背丈があまり大きくならず、かつ3~4年で収穫できる矮性品種(アルプス乙女など)を選んだ方がよい。

 

【リンゴの品種】

・陸奥、津軽、王林、富士、紅玉、祝、スターキングデリシャス、ゴールデンデリシャス、紅玉、国光、旭、王鈴、世界一など多数。

 

【リンゴに似ている木】

 ズミ ヒメリンゴ ハナカイドウ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リンゴ 姫リンゴ【アルプス乙女】 1年生 接木 ポット苗 林檎 苗 果樹 果樹苗
価格:1100円(税込、送料別) (2020/7/20時点)

楽天で購入

リンゴの基本データ

 

【分類】バラ科 リンゴ属

    落葉広葉 低木あるいは高木 

【学名】Malus pumila 

【別名】セイヨウリンゴ

【成長】やや遅い

【移植】普通

【高さ】3~9m

【用途】果樹/庭園

【値段】1,500円~