植木ペディアホーム > 大きな葉っぱの木

大きな葉っぱの木

木を見分けるのは難しいと感じたら、まずは大きな葉の木から覚えてはいかがでしょうか。葉の大きな木は遠目からもソレと分かるものが多く、また、特徴的な花や実がなるため年間を通じてその個性に魅了されるはずです。

何センチ以上が大きな葉っぱだと感じるかには、個人差があります。また同じ木でも時期や個体による差がありますので、ここでは管理人の主観でザックリと紹介しています。画像を選択するとそれぞれの木のページへ移動しますので、詳しくは知りたい方はどうぞ。

落葉樹

大きな葉っぱの木 何
ホオノキ

 

日本の山野で見かける落葉樹の中では、最も大きな葉を持ち、葉の長さは時に40センチほどになります。ゴールデンウィークの頃に甘い香りの白い花を咲かせます。

big leaf tree in Japan
カシワ

 

個体差はありますが、大きな葉では長さ20センチほどになり、ホオノキと同じように食物を包むのに使われました。南方系のイメージがありますが北国に多い木です。

広い葉っぱ 何という
トチノキ

 

公園や街路でお馴染みの木で、初夏に白い小花が集まった塔のような花が咲きます。掌状の大きな葉ですが、その寿命は短く、盛夏を過ぎると真っ先に色褪せていきます。

large leaf tree inTokyo
イチジク

 

実が健康食になるとして古くから民家に植えられていますので、下町などで見かける大きな葉で深い切れ込みがあれば、案外この木かもしれません。

葉が大きな樹木 名前
キリ

 

初夏に紫色の花を咲かせる高木です。葉の表面には毛が目立ち、その手触りはビロードに例えられます。丈夫な性質を持ち、何度切られても、人の顔が隠れるほどの大きな葉を広げます。

巨大な葉 樹木 何
アオギリ

 

大きな葉の木を「~キリ」と呼ぶ傾向がありますが、キリの仲間ではありません。夏から秋にかけて見られる花と実は奇形で一見の価値があります。

 

大きなハート形 葉っぱ
イイギリ

 

「~キリ」が続きますが、これもキリの仲間ではありません。公園や街路に数多く使われる木で、大きなハート形の葉は直径20センチほど。秋にできる赤い葡萄のような実が特徴的です。

デカい葉っぱ 何の木
プラタナス

 

ここで紹介する木の中では、もっとも親しみのある木ではないでしょうか。実の形状からスズカケノキとも呼ばれます。かつては街路、学校、公園などに数多く植えられ、巨木になっているものもあります。

big leaf trees in Japan
ユリノキ

 

葉の形や花の様子が特徴的で、チューリップツリー、ハンテンボクなどユニークな別名があります。葉は大きな物で、成人男性の掌ほどです。

大きな菜っ葉の木 種類
ポポー

 

プラタナスやユリノキと同じように外国産であり、日本の山野に自生は見られませんが、アイスクリーム味の実がなる果樹として庭木に使われます。

常緑樹

大きめの葉 樹木
タイサンボク

 

日本で普通に見られる常緑樹の中では最も大きな葉を持つ木です。梅雨入りの頃、モクレンなどと同じような甘い香りのある大きな花を咲かせます。葉の裏側が黄色っぽいのが特徴です。

big leef trees in Japan
ビワ

 

葉の裏側が明るい色をしており、大きさも近いため、タイサンボクとよく間違われる葉の一つですが、タイサンボクよりも葉がシワシワでザラザラで、花の形はまったく異なります。

大きくてピカピカした葉っぱ
マテバシイ

 

ドングリのなる木の中では最も大きな葉をつける木で、都会の公園や街路でも見かけます。葉は長さ15センチ程度の大きさです。タイサンボクと同じように葉はピカピカしています。

big leaf trees in Japan
ユズリハ

 

タイサンボクやマテバシイなどと同じくらいの大きさですが、画像のように葉が垂れ下がるようについています。あまり知られませんが夏にはブドウのような実がなります。

おおきいはっぱ
タラヨウ

 

硬質な葉で表面がピカピカしていて、裏が白っぽければコレかもしれません。葉の裏に誰かの落書きがあれば、まさにコレです。

大きめの葉っぱ 名前
ヤツデ

 

手のひら型の葉がお客さんを店に招き入れるとの縁起を担いで、都会の小料理屋さんの軒先などに使われます。日陰に強いことや花の少ない晩秋に開花することも長年の人気の秘訣です。