庭木図鑑 植木ペディア > ご意見ご感想

ご意見ご感想をお聞かせください

古代ギリシャの哲学者はプラタナスの木の下で講義をしたという・・・
古代ギリシャの哲学者はプラタナスの木の下で講義をしたという・・・

 

植木ペディアには日々たくさんの方からメール等をいただいております。可能な限り対応していますが、あちこちのページにコメント欄を置いていたため、分かりにくい構造になっていました。

 

今後、ご意見ご感想はなるべくこちらへお願いします。なお営利目的の画像使用などビジネス上のお話や、授業等で使用するなど個別の案件については、これまでどおり「概要(about)」からメール願います。

 

管理人を介在しない遣り取りも歓迎しています。お気軽にご利用ください。

コメント: 211
  • #211

    管理人 (水曜日, 05 1月 2022 16:38)

    むらかつさん、御来訪ありがとうございます。お話の内容からすると、何の工夫もない回答で恐縮ですが、ササが良いと思われます。

    市場にはグランドカバーと称していろんな園芸品種が出回っています。フッキソウ、キチジョウショウ、イワダレソウ、クローバー・・・いろいろと頭をよぎりますが、これら草本類(いわゆる草)の根は法面の崩落可能性を軽減するほど強固ではありません。また、株間に隙間があるので、長い月日のうちに実生した樹木、あるいはより繁殖力の高い草によって駆逐されるのがオチだと思います。

    低木で斜面を覆うにしてもほぼ同様で、コスト(金と時間)に見合わないと思います。ササも一面を覆うとそれなりに見栄えがすると思います。

    ササのデメリットは御承知のとおり繁茂しすぎること、一度植えたら後戻りできないことです。この辺りは周囲の土地の利用状況によりますが・・・。

    生態系の保全という観点から、できれば地元に自生するササがよろしいかと思います。

  • #210

    むらかつ (火曜日, 04 1月 2022 15:10)

    元は段々畑だったが現在は耕作放棄地で原野となっている古民家の裏山があります。この場所が5年前の豪雨災害で土砂崩れになったままです。夏期はのり面を含めて雑草の草刈り作業をしているが約30~45度の急勾配で危険な南向き斜面です。この斜面の崩落予防として根張りの旺盛な植物草か低樹木を植えたいと思っています。面積は高さ10m×幅30m位です。アドバイスよろしくお願いします。

  • #209

    クチナシ (水曜日, 15 12月 2021 18:28)

    ありがとうございます。
    お世話になります。

  • #208

    管理人 (水曜日, 15 12月 2021 17:46)

    クチナシさんへ。
    どうぞ御利用ください。詳細の連絡が必要であれば下欄aboutからメール願います。

  • #207

    クチナシ (水曜日, 15 12月 2021 15:31)

    植栽計画をしている者です。
    地元住民への説明会の資料として、写真を転用させていただいてもよろしいでしょうか。

  • #206

    管理人 (月曜日, 13 12月 2021 18:56)

    りょうさん、ありがとうございます。
    励みになります。

  • #205

    りょう (木曜日, 02 12月 2021 15:52)

    素晴らしい取り組みです。

  • #204

    管理人 (金曜日, 26 11月 2021 20:02)

    縞さん、御来訪ありがとうございます。励みになります。公園だと紅葉が終わりつつある頃でしょうか。植物の世界は奥が深すぎて、いつまで経ってもサイトが完成しません。日々どこかしらを作り続けていますので、じっくりとお付き合いいただければ幸いです。

  • #203

    (木曜日, 25 11月 2021 15:37)

    こんにちは。公園の木に興味を持ちはじめ、最近はじめて訪問させて頂きました。
    サイトタイトルの分かり易さに膝を打ち、あまりの情報量に感服致しました。すばらしいの一言!木の観察と並行して、こちらのサイトさんで「これはこの木かな?」と調べるのが楽しい日課になっています。(似ている木へのリンクがとてもありがたいです!)
    素敵なサイトを運営して下さって本当に感謝しております!これからもお世話になります^^

  • #202

    管理人 (日曜日, 21 11月 2021 09:36)

    石野さん、コメントありがとうございます。広角で撮影すると混沌とした絵になりやすいので敬遠していたのですが、御指摘のとおりだと思いますので、今後の参考にさせていただきます。

  • #201

    石野拳 (日曜日, 21 11月 2021 08:59)

    いつも大変勉強になります。
    ただ、ほとんどの画像が花や実、葉っぱにフォーカスされていて、木の全体像を写した画像がありません。
    特に「庭木」として紹介されているものは、全体の雰囲気やほかの植物との相性などが気になるところです。
    是非、木全体の画像の掲載をお願いいたします。

    石野

  • #200

    管理人 (火曜日, 09 11月 2021 12:03)

    ルルさん、御来訪ありがとうございます。検索ボックスはトップページの最上部にあるGoogle提供のものです。やや使いにくいので何らかの改善策を考えます。今後ともよろしくお願いします。

  • #199

    ルル (日曜日, 07 11月 2021 23:16)

    検索ボックスが見当たらないのですが、どこにありますでしょうか。私が見落としているだけかもしれないですが、わからなかったので質問させていただきました。

  • #198

    管理人 (火曜日, 05 10月 2021 19:36)

    「素敵なサイトです。」さん、どうもありがとうございます。反応がかなり遅くなってすいません。電波状況の悪いところにずっといました。ヌスビトハギ一つとってもアレチヌスビトハギやフジカンゾウがあったりで、奥が深く興味の尽きないものです。お暇なときにまた御来訪ください。

  • #197

    素敵なサイトです。 (火曜日, 07 9月 2021 02:56)

    ヌスビトハギを調べていてたどり着きました。花の名前を知りたいときに便利なサイトです。おつくりになるの相当大変だと思います。
    ありがとうございます。

  • #196

    管理人 (月曜日, 05 7月 2021 22:44)

    ちえの木さん、御来訪ありがとうございます。ブドウのような実で、真っ先に思い浮かぶのは、イイギリです。

  • #195

    ちえの木 (月曜日, 05 7月 2021 15:27)

    今時期に平和公園等にある木でブドウみたいなの、、、変な実がなる木は何ですか?
    真似して家にもほしいのです。
    私が見たのは柿の木の後ろありました。

  • #194

    管理人 (土曜日, 12 6月 2021 17:27)

    植木さん、ご訪問ありがとうございます。環境や個体によって原因は様々なので、文章だけでは確定的なことがいえませんが、木の立場になって一般的な理由を想像してみると・・・

    ①「このまま実を熟すと栄養とか水分が足りなくなるぞ、途中で落としちゃえ。」
     ⇒土壌の養分や水分が足りないので腐葉土や赤玉土を使って土壌改良します。

    ②「せっかくこの実を熟しても、発芽しないんじゃ意味ないな。途中で落としちゃおう。」
     ⇒モチノキの仲間では受粉しなくても実がなる場合がありますが、そうした実は発芽しません。そのため無駄なエネルギーを使わないように未熟な状態で落下させることがあります。対処法は既存の雌木に加えて、雄の木を植えることです。

  • #193

    植木 志郎人 (金曜日, 11 6月 2021 17:04)

    初めまして 以前よりクロモチ とソヨゴの木ですが
    今時分には青く小さな実をつけます ですが其の儘大きくならずに
    全て落下してしまいます なぜなのかさっぱり解りません

    ご教授お願いします、

  • #192

    ねあ (金曜日, 28 5月 2021 05:36)

    管理人さん、ご返答のほど、教えていただきありがとうございました。
    分かりました。イタリアポプラ ドイツトウヒ かも知れません。
    枝が分かれがないのではなくて、主幹が分岐しないていうのが正しい表現でした。すみません。
    テレビで見た感じですと、ヤシ類ではありませんでした。
    確か、NHKの深夜番組の名前はヨーロッパトラムの旅や、世界ふれあい街歩きや、空からクルージングていう番組だったかなぁと思います。ギリシャやイタリア・ローマや、スペインの特集をたまたま見ていましたね

  • #191

    管理人 (木曜日, 27 5月 2021 12:13)

    ねあさん、レスが遅れてすいません。真っ先に思いついたのがイタリアポプラです。「枝分かれ」はありますが、幹は分岐しませんし、剪定の仕方によってはエンピツや定規状になります。「枝分かれがない」というのを文字どおりに受け止めれば、ヤシ類しかありません。地中海沿いの街路樹だとカナリーヤシかナツメヤシだと思います。その他、ヨーロッパに広く分布するドイツトウヒなどの針葉樹も、剪定の仕方やアングルによってはエンピツ状に見えるでしょう。日本ほど樹種の多い国はないので、もう少しヒントがあれば確定できそうですが・・・

  • #190

    ねあ (火曜日, 18 5月 2021 06:45)

    管理人さん、返答してくれてありがとうございました。
    実は相談したいことがあります。
    それは、NHKの深夜放送でヨーロッパを題材にしてる番組があるのですが、疑問に思ったことがあります。
    地中海周辺の国(ギリシャ・イタリア・スペインなどetc)などに映っていた樹木で、鉛筆やまたは定規みたいな真っ直ぐ伸びていた木が、とても気になりました。枝が分かれていなくて細長い印象でした。
    なんの樹木か分かりません。庭に植えたいなと感じました。管理人さんの意見を知りたいです。どうかお願いします。

  • #189

    管理人 (木曜日, 13 5月 2021 14:30)

    ねあさん、御提言ありがとうございます。
    ヘゴについては当初から気になっており、いつかは実現したいと思っています。ただ私は、自分自身で撮影した画像を使用し、実物を見た感覚で書くことにこだわっているので、時間がかかりそうです。気長にお待ちいただければ幸いです。

  • #188

    ねあ (月曜日, 10 5月 2021 07:43)

    管理人さんに、ご意見ご要望があります。
    日本の奄美諸島・沖縄県と東京都八丈島に自生している、木性シダのヘゴ科ヘゴ属を記述を作成していただきたいと思うのですが、いいでしょうか。
    日本のウィキペディアでは木の一覧表を見ると、ヘゴ科が記入されてありましたので。なにとぞどうかお願いします。

  • #187

    管理人 (土曜日, 08 5月 2021 12:38)

    沖森さん、
    コメントありがとうございます。お役に立てて光栄です。御要望の件については取り急ぎ、サイトのトップページ最上部に検索ボックスを復活させましたので必要に応じてお使いいただければと思います。

  • #186

    沖森 泰行 (土曜日, 08 5月 2021 09:16)

    庭園技能講座の受講生です。このサイトは良くできており、頻繁に利用して、たいへん役立ってます。可能なら、「樹種名でも検索」できるボックスがあると、もっと使いやすいかと思います。是非、ご検討下さい。

  • #185

    sho (火曜日, 04 5月 2021 14:58)

    管理人様

    すばやい回答にビックリしています.
    毎日のように木々の中で観察されているのでしょうか.
    たしかに,2つを現場で見比べれば違いが分かるのでしょうね.
    我が家の樹木は?としておきます.

    ありがとうございました.

  • #184

    管理人 (火曜日, 04 5月 2021 14:17)

    shoさん、御来訪ありがとうございます。確かに分かりにくいですね。今日
    ちょうど、両方のカシが並んでいる場所にいて、しみじみと見比べましたが、鋸歯で判断するのは難しいと痛感しました。しいて言うなら、シラカシの鋸歯は、葉先の方で階段状にカクカクしています。最も分かりやすいのは葉の色合いで、シラカシの方がくすんだ感じです。

  • #183

    sho (火曜日, 04 5月 2021 11:29)

    はじめまして.

    大変立派で便利なホームページの提供ありがとうございます.
    本当にその努力が大変かがよく分かります.

    さて,自宅の名称不明の樹木を確定したく,調べていたところ.

    >【アラカシとシラカシの見分け方】
    >また、シラカシは葉の縁すべてがギザギザ(鋸歯)であるのに対して、アラカシは葉の先端付近のみにギザギザがある。

    とありました.写真では,アラカシのほうが葉の縁すべてがギザギザなので,説明と逆になっていると思いますが,いかがでしょうか?どちらが本当が分かれば教えて下さい.
    よろしくお願いいたします.

    出典
    https://www.uekipedia.jp/%E5%B8%B8%E7%B7%91%E5%BA%83%E8%91%89%E6%A8%B9-E3%82%A2%E8%A1%8C/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%82%B7/

  • #182

    管理人 (金曜日, 30 4月 2021 10:54)

    佐藤さん、御指摘ありがとうございます。修正しました。

  • #181

    佐藤力 (木曜日, 29 4月 2021 23:33)

    オオカナメモチのところに非常に問題の記述がありました。石南花(シャクナゲ)は薬用と書いてあります、シャクナゲは毒です。石南(オオカナメモチ)の方が薬用です。

  • #180

    管理人 (日曜日, 11 4月 2021 11:44)

    graceさん、ありがとうございます。全く違いますね。修正します。

  • #179

    grace (木曜日, 08 4月 2021 00:32)

    初めまして
    ツィッター名で失礼します。
    大変詳しい説明ありがとうございます。
    タチツボスミレを検索してこちらに伺いました。
    ただ、タチツボスミレの写真が違っているように思うのですが、間違えていたら申し訳ありません。
    失礼と思いながら気になりコメントさせていただきました。

  • #178

    pumpkin (月曜日, 05 4月 2021 15:31)

    ありがとうございます。
    先ほど「概要」からメールさせていただきましたが添付方法がわからず送信してしまいました。返信メールに添付すればよろしいでしょうか?

  • #177

    管理人 (月曜日, 05 4月 2021 12:32)

    pumpkinさん、御来訪ありがとうございます。現時点で画像のアップロード機能はないですが、上記「概要」から画像をメールしていただければ可能です。画像だけで分かるかどうか自信はないですけど・・・

  • #176

    pumpkin (月曜日, 05 4月 2021 12:26)

    はじめまして。
    このサイトを見つけ、もしかしたら私の探している答えが見つかるかもしれないと思いコメントさせていただきました。実家の庭で見つけた植物なのですが父に聞いてもわからず調べてもわからずグリーンスナップという検索サイトでもわからず…
    画像を見ていただきご意見を伺いたいと思うのですが可能でしょうか?

  • #175

    管理人 (金曜日, 02 4月 2021 21:09)

    都市さん、御来訪ありがとうございます。クロモジに限らず、枝の色は環境や樹齢による変異が大きく、一口に何色と表現するのは難しいものですが、一般的にクロモジは濃緑色や灰褐色が多いと思います。また、耐寒性はあるので、東北の中南部であれば植栽品もあると思います。

  • #174

    都市和歌子 (木曜日, 01 4月 2021 14:05)

    私北緯39度の三陸海岸地区に住んでいます。数年前に野草観察会で、クロモジの木に会いました。枝がとても良い香りでした。何とかまた会いたいと思っていますがなかなか会えません。私の見たクロモジは枝が黒い色です。写真の木とは違うようですが、どうでしょうか?この木は寒さには強いですか?日影が好きな木ですよね。

  • #173

    管理人 (水曜日, 31 3月 2021 19:41)

    山野草さん、御指摘ありがとうございます。間違えやすいパターンなので気を付けてはいるのですが・・・いろいろと確認してみます。

  • #172

    山野草 (火曜日, 30 3月 2021)

    貴サイトのコウゾをおじゃましました。コウゾとヒメコウゾを全く取り違えていると思いました。ここで説明された入るのはヒメコウゾのことでしょう。重大な誤りではないでしょうか。私が間違えていたらごめんなさい・

  • #171

    管理人 (水曜日, 03 3月 2021 11:08)

    京さん、御来訪ありがとうございます。常緑で葉が丸く、葉脈が透けるのは、ユーカリの一種しか思い浮かばないですが、明治神宮の植木市に売っている気がしません。お話の全体像からはミリオンバンブーかなと思ったのですが、葉は丸くないですし。もう少しヒントがないと・・・ですが言葉で説明するのは難しいですね。今後、画像を投稿できるような仕様に改めることも考えています。

  • #170

    京 飛鳥 (火曜日, 02 3月 2021 10:03)

    #169の続きです。名前も知らず育てていますが、可哀そうですね。もう3年になります。鉢を大きくするともっと大きくなる様に思えます。幹が大きくなると節がマルク出てきますね。育てやすい樹木です。この私が3年も付き合えています。そして、2鉢増えました。これから後の2鉢を大きくする予定です。肥料、土壌は(観葉植物の土)で良いでしょうか?

  • #169

    京 飛鳥 (火曜日, 02 3月 2021 09:42)

    2年前に自宅近くの明治神宮で植木市で小形丈20㎝の植木を買いました。幹が太くて丈夫でそこから枝が増えていきます。自宅で水、肥料等に気を付けて育てました。枝分かれの枝を切りコップ水につけてから鉢に植え替えるとすくすくと育ち、現在は3鉢になりました。緑様で常時広葉樹と思いますが?正式な名前が見つかりません。葉型は広丸く、光に当たると葉筋が透通って見えます。葉を店舗にもって行って聞いてもよくわからないようです。海外からの輸入樹木ですかね?

  • #168

    管理人 (日曜日, 24 1月 2021 21:54)

    山鹿さん、コメントありがとうございます。「毎日のように」ですか、恐れ入ります。日比谷公園は随分と行っていませんが、コメントを拝見して久しぶりに行ってみようかという気になりました。「ファン」という表現に愛情を感じますね。いろいろ浮気しながら当サイトに末永くお付き合いいただければ幸いです。

  • #167

    山鹿渓岩 (土曜日, 23 1月 2021)

    管理人さんへ 植木ぺディア(素敵なネーミングです!) 毎日のように活用させて頂いております。最近になり、日比谷公園の各県の木(トチノキ、ダイセンキャラボクなどのファンです)の観察から、庭木観察デビューをしたばかりの素人です。その素人の眼で見ても、新しいビル、マンション、街路には必ずのように植栽されていますね。少し樹種が分かるだけでも、奥深さに驚きます。人生に新たな楽しみを増やすことができ、感謝しています。

  • #166

    管理人 (水曜日, 20 1月 2021 18:07)

    ネモモさん、御指摘ありがとうございます。おそらくガマズミですね(もう削除してしまいましたが)。助かりました。
    前後しますが窪田さん、大変興味深い内容です。私は個人でやっているので手が回りそうにありませんが、自分なりにできることを考えてみます。

  • #165

    ネモモ (水曜日, 20 1月 2021 15:48)

    アオハダ
    「落葉が始まるとと赤い実が目立つ」という説明の写真は、アオハダではなくウラジロノキかアズキナシではないですか?

  • #164

    窪田征司 (火曜日, 19 1月 2021 13:20)

    貴社の様な樹木専門家と花卉市場花木専門員が国有林内に許可を得て入林のうえ、市場で枝物として売れる自生花木種存否並びに数量を推定し、内閣府へ提案してもらいたい。中山間耕作放棄地活用による58ha・1億円の売上は困難でも、元木を伐採しない全国国有林からの毎年の枝物採取収入は地方創生の一助となる。

  • #163

    管理人 (火曜日, 12 1月 2021 18:19)

    窪田さん、御意見ありがとうございます。レスが遅くなってすいません。確かに都会は日照条件の良くない住宅も多いですし、下草なら小スペースで管理できますね。今のような時代だからこそ、国土の七割を占める森林が有効に活用される方策が求められるかもしれません。

  • #162

    窪田征司 (火曜日, 05 1月 2021 15:33)

    日陰、反日蔭に生える樹種の小鉢物が予想外に都会人にもてるように思う。例えばカラタチバナやシャリンバイなら実生で強い。ヤブコウジやヤブランも山間耕作放棄地での量産化もしやすい様に思う。新たな森の恵みを発掘し、都市からの若い新規参入者を誘致したい。国有林内に自生する花木大樹からの枝物採取許可制度による採取権付与なら、根っこから伐採する樹木採取権と違い、国有林内の元木を残し、毎年、枝物葉物という果実が得られる新たな森の恵みを地方や地域にもたらせば、都市からの若者も誘致しやすい。