庭木図鑑 植木ペディア > ご意見ご感想

ご意見ご感想をお聞かせください

古代ギリシャの哲学者はプラタナスの木の下で講義をしたという・・・
古代ギリシャの哲学者はプラタナスの木の下で講義をしたという・・・

 

植木ペディアには日々たくさんの方からメール等をいただいております。可能な限り対応していますが、あちこちのページにコメント欄を置いていたため、分かりにくい構造になっていました。

 

今後、ご意見ご感想はなるべくこちらへお願いします。なお営利目的の画像使用などビジネス上のお話については、これまでどおり「概要(about)」からメール願います。

 

管理人を介在しない遣り取りも歓迎しています。お気軽にご利用ください。

コメント: 96
  • #96

    管理人 (日曜日, 15 3月 2020 18:26)

    通りすがりさん、ありがとうございます。
    つい忘れて更新のスパンが空くこともありますが、気長にやっています。世の中は自粛ムードですが、人けのない公園に綺麗な花木がだくさん咲き始めました。もったいない限りです。

  • #95

    通りすがり (土曜日, 14 3月 2020 01:19)

    いつも拝見しています。
    特に「今咲いている花」のページはいつも更新されていてとても参考になります。
    これからも更新いただけますと嬉しいです。

  • #94

    管理人 (金曜日, 13 3月 2020 18:48)

    順番が前後しましたが、大貫さんが御指摘の画像はコウゾでよいのかなと思っています。カジノキ、コウゾ、クワあたりは葉の形が一定ではないので判定が難しいですが。

  • #93

    管理人 (金曜日, 13 3月 2020 18:43)

    まさきさん、コメントありがとうございます。
    お住まいの地域にもよりますが、ドングリはたいてい台風の時季と一緒です。8月末~9月いっぱいくらいは枝の上にいますが、台風を逃れたものでも10月末頃には落ちてしまします。
    花についてはコナラやクヌギは八重ザクラが咲くころ、カシの仲間は初夏(5~6月)です。

  • #92

    まさき (金曜日, 13 3月 2020 12:05)

    すごく充実したHPですね。 お写真もきれいで素敵です。
    ドングリのなる木のページを見させて戴きました。
     ドングリ(ブナ・コナラ・カシ)の実は、いつ頃に落ちてき来るのでしょう。
    また、ドングリの花はいつ頃咲くのか教えていただける嬉しいです。宜しくお願いいたします。

  • #91

    大貫久子 (月曜日, 02 3月 2020 07:02)

    「木へんの樹」のぺージを参考にさせていただきましたが・・・このページのこうぞの葉が、違う気がするのですが・・・自分はこの写真の葉は、梶の木だと思っていた。。。

  • #90

    管理人 (金曜日, 21 2月 2020 11:32)

    都市部ではよくあることだと思われます。剪定に費やすことのできる時間=予算の都合です。本来は枝振りを見極めてその個体が持つ美しさを引き出すのがプロの仕事ですが、そこに市民の需要はなく、熟練していない職人でも可能かつスピーディーな方法を採用しているのでしょう。また、落ち葉や見通しの悪さなどのクレーム対策であるかもしれません。電柱状にされても生き永らえますが、夏には不自然な形状の枝葉が爆発的に広がり、また電柱状に切られるのです。そうした景色を見る度に、木と人間の関係について考えさせられます。

  • #89

    マリオ (金曜日, 21 2月 2020 10:40)

    おはようございます。
    お聞きしたいことがあり再びお邪魔します。今朝散歩に出たら近くの大通りのイチョウ並木が剪定されていました。それが?と言われそうですがじつは枝がほとんど刈り取られていてまるで木柱が並んでいるような感じになっていました。こんな剪定は初めて見ましたが何か特別な意味があっての事でしょうか?先日もちょっと近くの遊歩道のナンキンハゼの並木が無残に刈り取られていて丸太が並んでいるような感じでびっくりしたばかりです。

  • #88

    管理人 (木曜日, 20 2月 2020 17:15)

    マリオさん、コメントありがとうございます。木の全体像については御指摘のとおりですね。樹形は剪定の仕方、植栽されている環境及び個体によって千差万別で、特徴的な一枚を選ぶのが難しいこと(全体像だと特徴が分からないこと)や、遠景だと余分な映り込みが多くなること、そして私自身が近眼なのが原因かもしれません。今後の課題ですね。

  • #87

    マリオ (木曜日, 20 2月 2020 15:17)

    先日仕事の関係で街路樹について調べましたがこちらのサイトが大変参考になりました。写真とか情報満載で助かりました。こんなにち密に調査されて労力と時間が大変かかったと察します。ありがとうございました。一つだけ気になったのは木の全体写真がほとんど無かったことです。街路樹は剪定されてそのオリジナルの姿はほとんど見られないと思いますが素人には全体像があればいいかなっと思いました。よろしくお願いいたします。

  • #86

    管理人 (水曜日, 29 1月 2020 09:53)

    家のまわりでは雨樋や古屋の屋根からでも白膠木(ヌルデ)が生えているのを見掛けます。また、秋に高速道路(特に東北道や常磐道)を走っていると、法面は白膠木だらけであることに気付きます。どこにでもあるように感じていましたが、地域差もあるのでしょうか。草木染には昔から興味があるのですが、いまのところ未経験です。楽しそうですね。

  • #85

    ポピー (火曜日, 28 1月 2020 20:55)

    またお邪魔します。
    今日は白膠木を検索しました。先週の土曜日、五倍子で染めをしました。てっきり染料店の乾燥した五倍子でと思ったら生のを冷凍しておいたものででした。沼田で採ったそう。私は白膠木はないかなあとよく探しているのです。以前は鳩山あたりで見たのですが。樹はみんな好きですけが染料として使われる樹や草には特に興味があります。管理人様はこの樹は染め材にも使われるということも紹介してくださっているのでうれしいです。

  • #84

    管理人 (火曜日, 21 1月 2020 23:27)

    ポピーさん、コメントありがとうございます。種子が入間川を下って拡散されるのを想像すると楽しいですね。

    私が生まれた町にサイカチはなく、大人になって初めて出合った時、何者も寄せ付けないような幹のトゲに驚愕しました。そしてその後には花を見るのに年月を要し、開花を初めて見た時には感動しました。サイカチが持つ独特な存在感には今も魅了されます。

  • #83

    ポピー (火曜日, 21 1月 2020 11:22)

    こんにちは。犬と毎日散歩しながら草や木を見ています。先日懐かしいものに会いました。サイカチではないだろうかと思いましたが遠い遠い昔遊んだことしかないので確かめたくなってこちらにたどり着きました。ああやっぱりさいかちのようです。場所は狭山市の入間川河川敷(右岸)です。ますます散歩が楽しくなり、ちょくちょく会いに行きます。さやも拾いました。ハンノキのことも分かりやすく書いてくださっているのでとてもありがたいです。これからもよろしくお願いします。

  • #82

    木村正作 (日曜日, 22 12月 2019 12:46)

    変な広告が出るようになったがどうしたんですか?

  • #81

    管理人 (水曜日, 04 12月 2019 22:48)

    御意見ありがとうございます。私は盆栽もやっていますが、その視点はありませんでした。近いうちにまとめたいと思います。

  • #80

    いつもお世話になっております。 (水曜日, 04 12月 2019 22:06)

    盆栽に使用される木などもまとめてもらえるとより充実したものになるかと思います。

  • #79

    チョビママ (月曜日, 25 11月 2019 21:16)

    管理人さん アドバイス有難うございました。なかなか庭木の手入れがタイミング良く出来ていないのでオオデマリが何かをアピールしているのかと…(笑) 明日早速切除して来年の開花を楽しみにしたいと思います!

  • #78

    管理人 (月曜日, 25 11月 2019 20:04)

    チョビママさん、遅くなってすいません。オオデマリに限らず、多くの花木で、いわゆる狂い咲きが見られますが、開花は一般的に栄養分を消費するので切除した方がよいでしょう。ただし、時季外れの開花は普通にある現象で、咲いている花が多い時季を人間が勝手に開花期と呼んでいるだけだというのが私の考えで、何かの予兆とかではないと思います。

  • #77

    チョビママ (月曜日, 25 11月 2019 11:27)

    7~8年育てているオオデマリが現在紅葉してきれいですが  今年初めてこの時期に枝先に小さな花がついているのです。小花が集合して2~3㎝ほどのが10程付いています。9月頃にも数輪付いていてその時は切ってしまいました。
    木にとって何か悪い兆しなのか  不思議に思っています。
    放置していいですか。切った方がいいですか。
    教えていただければ嬉しいです

  • #76

    管理人 (金曜日, 08 11月 2019 21:46)

    黒煮豆さん、コメントありがとうございます。植物の名前や季節の移ろいを知ってるかどうかで、景色はまるで違って見えるものですよね。私は住宅地を歩いているだけでも、頭の中は大忙しです。植木ぺディアは図鑑と違って、ほぼ毎日、どこかのページが変わっています。気が向きましたら、また遊びに来てください。

  • #75

    黒煮豆 (金曜日, 08 11月 2019 21:05)

    はじめまして
    素晴らしいサイトに巡り会えて嬉しく、通りすがりではございますが管理人様にお礼申し上げます。
    完結でわかりやすい説明と写真で、日々の風景がより豊かになる予感がします。このまま紙の図鑑としてぜひ手元に欲しいと思いました。
    ありがとうございます。

  • #74

    管理人 (火曜日, 29 10月 2019 08:01)

    ご連絡ありがとうございます。個別のお問い合わせは、上部「概要」のリンクからメールでお願いします。

  • #73

    橋本晃慈 (月曜日, 28 10月 2019 21:41)

    福祉法人明日檜と申します。翌檜の写真を探しておりますが、なかなか見つかりません。こちら様の写真の一部をホームページの写真に使わさせていただけないでしょうか? 条件などございましたらお示しいただけると大変助かります。お手数をおかけしますがご返事いただければ幸甚です。

  • #72

    管理人 (日曜日, 27 10月 2019 15:54)

    モリぴーさん、コメントありがとうございます。蛍草はツユクサのことではないでしょうか。つい最近まで至る所に咲いていた青い小さな花です。山野草のとこに、ツユクサのページを作ってみましたので、ご確認ください。

  • #71

    モリぴー (日曜日, 27 10月 2019 10:48)


    今年の夏ごろ、NHK衛星放送(BS)で、
    「蛍草〜菜々の剣」という時代劇7回シリーズが
    ありました。ドラマの中で『蛍草』の画像が
    見れたのですが、それによく似た草花が
    近所の道端にあります。しかしネットの図鑑で
    幾つか見たのですがどうも該当するものが
    ありません。

  • #70

    管理人 (月曜日, 21 10月 2019 21:19)

    みどりさん、コメントありがとうございます。関東でも至るところでモクセイの類いが香っています。ヒイラギモクセイは葉っぱが病害虫にやられやすいのも特徴です。また、是非、植木ぺディアに遊びにいらしてください。

  • #69

    仙台市みどり (月曜日, 21 10月 2019 13:30)

    昨年秋に気付いたのですが、会社の敷地内に金木犀のような香りの花が咲いていました。金木犀にしては花が白いし、ギンモクセイにしては葉にギザギザがあって??こちらでようやく納得がいきました。ヒイラギモクセイでした。今ちょうど花が開きはじめ、柔らかな香りが楽しめます。

  • #68

    管理人 (火曜日, 13 8月 2019 10:13)

    御指摘ありがとうございます。クロモジかホソバタブのような葉になってました。今春に撮影した雌雄の花の画像があったので、それに変えました。それにしてもサイトを閲覧していてあの間違いに気付くなんて、かなりの通ですね。今後ともよろしくお願いします。

  • #67

    札幌のイノシシ (火曜日, 13 8月 2019 09:53)

    素晴らしいサイトをありがとうございます。
    サワシバのところの「葉を裏からみたところ」の写真がサワシバになってませんでしたのでお知らせします。

  • #66

    廣瀬謙二 (月曜日, 12 8月 2019 21:02)

    fb 御意見 ありがとう
    御意見 よろしく
    吉野 シロヤマザクラ
    晩秋の吉野 
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1224295731073727&set=pcb.1224289621074338&type=3&theater
    楠木 山下弘枝
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1218168335019800&set=a.102098419960136&type=3&theater
    世界の写真家 cuny
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1171820676321233&set=a.102098419960136&type=3&theater
    また 宜しく お願い いたします。

  • #65

    管理人 (土曜日, 10 8月 2019 17:17)

    クスノキでよさそうですね。西日本には立派なクスノキがたくさんあって圧倒されます。

  • #64

    廣瀬謙二 (月曜日, 05 8月 2019 11:29)

    先生 高卒で 詳しい こと 解りませんが
    大阪 住吉神社で撮影
    撮影 2006/08/03 8:50
    ドア 開いているとき 撮影
    石舞台から 見えます 
    デカイ 木 吉野 熊野に
    神官中の楠木 新しい芽が 
    楠木正成の娘 山下弘枝 お友達に
    https://www.facebook.com/profile.php?id=100009798517811
    写真 送ります。
    世界のサーバー 構築中
    晩秋の吉野 
    http://fleurie.sakura.ne.jp/cuny%20janssen/cunny%20janssen.jpg
    楠木
    http://fleurie.sakura.ne.jp/cuny%20janssen/kusnoki.jpg
    詳しくは サーバー 
    bcwx9021@yahoo.co.jp



     

  • #63

    管理人 (土曜日, 03 8月 2019 23:00)

    この画像では難しいです。左上(アオキの上)の葉がこの木のものであれば、クスノキではなくウラジロガシに思えます。樹皮もクスノキよりも平滑ですが、個体差があるのでなんとも言えません。根の張り方と、これほどの巨木であることや、御神木としている点では、クスノキのようにも思えます。撮影された地域、時季、葉のアップがあれば同定できるのですが……

  • #62

    廣瀬謙二 (土曜日, 03 8月 2019 13:23)

    クスノキ ですか 宜しく
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1217928345043799&set=a.102098419960136&type=3&theater

  • #61

    管理人 (土曜日, 03 8月 2019 12:46)

    はるかさん、コメントありがとうございます。赤い実は、小鳥にも人間にも根強い人気がありますね。

  • #60

    はるか (水曜日, 31 7月 2019 11:14)

    仕事で使う写真に使われている赤い実の枝、なんだろうと探していて、こちらのサイトにたどりつきました。
    どうやらセンリョウだったようです。
    実のつきかたの特徴の説明がわかりやすくて、探しやすかったです。ありがとうございました。

  • #59

    ごまめの魚交 (火曜日, 25 6月 2019 04:53)

    早速の回答、ありがとうございました。
    縁起を担ぐ意味で、今後、オンコ(運来)の漢字を使いたいと
    思います。

  • #58

    管理人 (月曜日, 24 6月 2019 21:38)

    「運来」は知りませんでしたが、季節によって収入の波が大きい植木の販売においては、よくある話で、江戸の昔から縁起を担ぐ文化があります。さほど神経質にならずに使っていいと思います。

  • #57

    ごまめの魚交 (月曜日, 24 6月 2019 08:38)

    趣味で、木彫をしています。
    仏像彫刻の他、円空仏、犬を自己流で彫っています。
    檜は仏像、円空仏や犬はイチイの木や榧の木を使っています。
    イチイ(一位)の木は、私の地方では「オンコ」の木で通用します。クラフト市で、作品を買ってくれたお客さんが、オンコの木は「運来」と漢字を使うそうです。初めて知りました。
    ネットで調べたけど、オンコを「運来」で書く表示はありませんでした。広辞苑で調べてもありませんでした。
    縁起がいいので、オンコを「運来」を使えればと思います。
    一部の地方だけに通用する表記でしょうか?

  • #56

    管理人 (木曜日, 20 6月 2019 16:08)

    ITOさん、コメントありがとうございます。お役に立てて嬉しいです。お好きな言葉は意味深ですね。

  • #55

    ITOアィティオー (木曜日, 20 6月 2019 03:40)

    令和元年、5月1日、森林関係の職を、生業ナリワイしたく、勉強し始めました。 度々、旅々、寄らして貰います。よろしくお願いします。余談ですが「GoGo、55,」好きな言霊です。

  • #54

    管理人 (日曜日, 19 5月 2019 10:31)

    ノエルさんコメントありがとうございます。お役に立てて光栄です。今は白い花の盛りですね。植木ペディアは常にどこかしら更新していますので、また遊びに来てください。

  • #53

    ノエル (土曜日, 18 5月 2019 21:30)

    知り合いのお庭に咲いているお花の名前をご本人が知りたがっていたので、あちこちのサイトや図鑑を探していました。なかなか見つからなかったのですが、こちらのサイトで見つけてやっと分かりました!うれしいです!こちら本当に丁寧で詳しいサイトですね。ありがとうございます。
    (ちなみにピラカンサスです)

  • #52

    たそがれじーじ (日曜日, 12 5月 2019 11:55)

    fine dayさんや皆々様
    早速のご教示有難うございました
    花の後に濃い赤紫の実が生りますので車輪梅に間違いありません
    知識不足で二年越しに図鑑等で調べても分からず宿題を抱えていましたがこの頃の青空の様にすっきりしました
    もう一度、皆さまありがとうございました(^^♪

  • #51

    管理人 (月曜日, 22 4月 2019 19:34)

    藤井さん、コメントありがとうございます。理由は主に2つあると思います。

    1 木が若く、花実を持つ段階にない。
     アラカシは結構な大木(直径20センチほど)にならないとドングリがならないように思います。花や実(ドングリ)がなるのは世代交代の表れですが、木がどんどん成長している段階ではそのタイミングにありません。

    2 定期的に剪定をしている。
     公園や街路のカシ類は花実がほとんどなりませんが、これは限られたスペースで育てるために剪定を繰り返し、花芽を落としているからです。樫に限りませんが、放任して育てないと花実はなりにくいものです。

    他にも気象、環境、仲介する昆虫の有無、他にアラカシがあるかどうか(他の木同士の方が受粉しやすい)など様々な条件があります。私自身、町中のアラカシにドングリがなっているのを見たのは数えるほどしかありません。いずれも鬱蒼としたアラカシの木でした。

  • #50

    藤井源四郎 (月曜日, 22 4月 2019 11:20)

    あらかしが庭にありますが、ドングリ(堅果)が秋に成熟しません、
    どうすれば実がなりますか

  • #49

    管理人 (木曜日, 18 4月 2019 14:28)

    てつさん、コメントありがとうございます。私が見習いの時はネットが一般的ではなかったので、不明な点があっても仕事が終わるまで調べることができず、モヤモヤした気分で木に登っていました。今は現場ですぐに検索できる時代なので便利ですが、その分、施主側も簡単に調べられるので、ハッタリやその場しのぎの言い訳が通じません。誠実で勉強熱心な業者が生き残ると考えれば業界にとっていいことでしょう。これから暑くなりそうですが、熱中症にお気を付けて、お仕事頑張ってください。

  • #48

    てつ (木曜日, 18 4月 2019 09:01)

    庭屋、植木屋見習いの私にとってここの資料は大変重宝させて頂いております。
    自分で調べたり手入れをしたりして技量、知識を増やす身としてはとても助かります�

  • #47

    管理人 (月曜日, 25 3月 2019 19:36)

    大木さん、御丁寧にありがとうございます。確認したら、御指摘のとおりで我ながら驚きました。早速、修正しました。今後ともよろしくお願いいたします。