庭木図鑑 植木ペディア  > イヌエンジュ

イヌエンジュ

Amur-Macclie

イヌエンジュ 庭木図鑑
樹形
いぬえんじゅ 葉っぱ
葉の様子

オオエンジュ 葉っぱ
クロエンジュ 写真
幹の様子

【イヌエンジュとは】

・小さな葉が左右対称につくイヌエンジュ。風にそよぐ柔らかな姿に風情がある。春の芽出し時期は、毛の密生する若葉がメタリックな輝きを放ち、遠くからでも識別できるほど。

・夏になるとチョウチョのようなクリーム色の花をびっしりとつけ、秋にはマメ科らしく豆ができる。

・昨今、一般家庭にあるのは珍しく、川原や湿原などで見かけることが多い。

・アイヌではこの木を墓の目印に使ったという。また、北海道でエンジュという場合、本種を示すことが多い。

 

【育て方のポイント】

・日本の山地に自生する木であり育てやすい。

・日当たりがよく水はけの良い場所を好む。半日陰程度なら耐える。

・一般家庭に植えた場合は、大きくなり過ぎないよう芯を止めて高さを維持する必要がある。

・樹皮に特有の臭気がある。

 

【品種、類似種との見分け方】

・イヌエンジュの実(豆)はサヤ状にできる。これに対しエンジュは数珠のように一粒一粒がはっきりしている。 

イヌエンジュの基本データ


【分類】マメ イヌエンジュ属

    落葉広葉 高木・小高木 

【学名】Maackia amurensis

    var.buergeri 

【別名】オオエンジュ/クロエンジュ

    チクペニ 

【成長】早い 

【移植】ふつう 

【高さ】9m~20m 

【用途】公園/街路樹  

【値段】500円~2000円