庭木図鑑 植木ペディア > ニシキギ

ニシキギ(錦木)

spindle tree

ニシキギ 紅葉
紅葉の美しさを「錦」にたとえて命名された
錦木 特徴
ニシキギの冬芽
spindle tree,Japan
新芽の様子 古い枝には「翼」があり、他の木と見分けやすい
flower and leaf
花と葉の様子
spindle tree
樹形は乱れやすく、ザックリと刈り込むことが多い
錦木の花 時期 開花 オス メス
5~7月に咲く花には雌雄がある(画像は雌花)
ニシキギの雄花 雌花
雄花の様子
錦木 種子 実 画像
でき始めの実の様子
ニシキギ 実
秋にはオレンジ色の種子が顔を出す
spindle tree
紅葉期の葉の様子
ニシキギ 育て方
樹皮の様子。高さは3m程度でおさまる

 

【ニシキギとは】

・北海道から九州までの広い範囲に分布する落葉樹。紅葉の美しさを「錦」に例え、「錦木」と名付けられた。日本庭園の脇役などに使われる。

 

・ニシキギは古い枝がコルク質の風変わりなもの(「翼」という)になることで知られる。この翼を刃物になぞらえ「カミソリノキ」などの別名がある。京都で刺抜きの妙薬として使われた「速康散(そげ抜き薬)」はこの翼を原料とした。

 

・5月から7月にかけて淡い緑の花(写真参照)を咲かせるがあまり目立たない。

 

・秋にできる実は熟すと自然に破裂し、中からオレンジ色の種子が顔を出す。この種子は野鳥の食料となるばかりか、人間の便秘薬、毛じらみの駆除薬として使われた。毛じらみ駆除に使う場合、この実を黒焼きし、椿油に混ぜて塗るという手の込んだ仕込みが必要。

 

・ニシキギの葉は楕円形で先端が尖り、縁には細かなギザギザがある。

 

【育て方のポイント】

・丈夫で育てやすい。

・日向の乾燥地を好むが、日陰にも強い。ただし、日陰では紅葉があまり冴えない。

・病害虫に強い。

・挿し木、実生で繁殖できる。

・枝が奔放に伸びるため樹形を維持するには刈り込みが欠かせない。芽を出す力は強く、刈り込みにはかなり耐えるが、枝が太い分、切った跡が目立つのが難点。 

 

【似ている木との見分け方】

・同属のコマユミに似るが、コマユミの枝にはニシキギに見られるようなコルク質の翼がないので、容易に見分けられる。

ニシキギとコマユミ
コマユミ

ニシキギの基本データ

 

【分類】ニシキギ科 ニシキギ属

    落葉広葉 低木

【学名】Euonymus alatus

【別名】ソバノキ/ヤハズニシキギ/カミソリノキ

    ホウチョウギ/ノコギリバ/ヤハズノキ

    シラミコロシ/シラミノキ

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】1m~3m

【用途】公園/紅葉/生け花

【値段】1000円~5000円程度