庭木図鑑 植木ペディア > サトウカエデ

サトウカエデ(砂糖楓)

Sugar maple

国旗の葉っぱ カナダ 何 種類
カナダの国旗にデザインされるのは、この葉っぱ
砂糖楓 葉っぱ 特徴
新葉の様子
Sugar maple,leaf,picture
晩夏の様子
さとうかえで
日陰ではこの程度の黄葉で終わる

【サトウカエデとは】

・北アメリカを原産とするムクロジ科(カエデ科)の落葉広葉樹。カナダの国旗にデザインされている。

 

・アメリカでは名前のとおり樹液から砂糖を採取するのに使われるが、紅葉が美しいこともあって公園等に広く植栽される。

 

・葉はカジカエデに似ており、3~5に裂け、長さ7センチから15センチの大型になる。秋には写真のとおり黄色や赤に変色する。

 

・他のカエデ同様に春には黄緑色の小花を咲かせ、初秋には鞘状の種子が実る。

 

・サトウカエデには品種や変種が多い。

 

【育て方のポイント】

・本来は排水のよい礫質地を好むが、苗木は土を問わず適応しやすい。

・きれいな紅葉を見るには日照が必要。

・基本的には大木となるため、狭い場所では定期的な手入れが欠かせない。放置すると下枝がなくなりやすい。

 

【似ている品種】

・ギンヨウカエデ~サトウカエデと同様に砂糖を採取するのに使われるが生産量は少ない。より日陰に強いため日当たりの悪い場所の植え込みに使うことができる。

サトウカエデの基本データ

 

【分類】ムクロジ科カエデ属

    落葉広葉樹 高木

【学名】Acer saccharum Marsh

【別名】メイプルツリー

    メイプルリーフ

【成長】やや早い

【移植】やや難しい

【高さ】20m~40m

【用途】公園/街路樹

【値段】1000円~1万円程度