庭木図鑑 植木ペディア > カンレンボク

カンレンボク

cancer tree

生薬 喜樹果
カンレンボクの葉は長さ20セントほどと大きい
leaf of cancer tree
新葉の様子
カンレンボクの花 画像
花の終わり(実のでき始め)の様子
cancer tree
開花期の様子 花は目立たない
喜樹果 カンレンボク
生薬としては「喜樹果」と呼ばれる実の様子
カンレンボク 特徴
冬の様子
キジュ 庭木図鑑
カンレンボクの樹皮

【カンレンボクとは】

・中国の中南部からチベットを原産とする落葉樹。大正時代に日本へ渡来し街路樹や公園樹として使われる。

 

・丈夫で育てやすいことや、一つの果実の中にたくさんの種ができることから、かつての中国では子孫繁栄につながる縁起の良い木=「喜樹」としてもてはやされた。

 

・雌雄同株で夏にクリーム色の花を咲かせ、秋になる実をつける。でき始めの実は写真のとおりヤマボウシの実のようだが、徐々に小型のバナナのような風体に変化していく。

 

・英語名「Cancer tree」は、実や根に含まれるカンプトテシンという物質の構造が、抗がん剤の開発に大きく貢献したことから名付けられた。生薬名は喜樹果(きじゅか)という。

 

【育て方のポイント】

・丈夫で育てやすいが、葉が大きいことや枝振りが単調なことなどから、庭木として個人宅に植栽するのには向かない。

 

・芽を出す力は強いため、剪定によってある程度成長を抑えることはできる。

 

【似ている木】

・葉の様子はアワブキに似る。

カンレンボクの基本データ

 

【分類】ミズキ科 カンレンボク属

    落葉広葉 高木

【学名】Camptotheca acuminata

【別名】カンレン/キジュ(喜樹)

【成長】やや早い

【移植】普通

【高さ】20m~30m

【用途】公園/街路樹

【値段】3000円~