庭木図鑑 植木ペディア > フユサンゴ

フユサンゴ(冬珊瑚)

Christmas cherry

フユサンゴ 実 有毒
ピカピカした赤い実はミニトマトのようだが、毒がある
フユサンゴ 花 画像
夏に咲く花は小さくて目立たない
冬珊瑚 実 画像
やや暗い庭の花壇に使われることも多いが、日向を好む

【フユサンゴとは】

・メキシコ南部やブラジルなど南米を原産とする常緑低木で、明治時代の半ばに渡来した。園芸用として流通するが、鳥の糞によって運ばれたものが各地で野生化している例も多い。ジャガイモやナスの仲間だが木に分類される。

 

・10月~12月に珊瑚のような赤い実がなることからフユサンゴと名付けられた。実の直径は1センチほどで、8月頃にできはじめ、色は緑→黄色→オレンジ→赤と変化する。長期間にわたって実を観賞することができること、冬に鮮やかな色になることから観賞用に使われる。

 

・花期は7月~9月で、花は画像のとおりナスに似る。小さくて目立たないため実ほどには話題にならない。

 

・果実の色や大きさが異なる品種、葉に模様が入る品種(「バリエガータム」)などがある。

 

【育て方のポイント】

・木全体に有毒成分(ソラニン)を含み、実を食べると嘔吐、胃炎、下痢を引き起こし、重症の場合は命を落とすこともある。小さな子供やペットがいる家庭では育てない方がよい。

 

・病害虫には強いが、南米生まれなだけに、寒さにはやや弱く、寒い地方では半落葉性となる。

 

・公園などでは大木の下にあり、半日蔭程度なら十分に耐える。ただし基本的には日向に植えなければ花や実がなりにくい。

 

・トウガラシと似たように枝葉が密生し、傘を逆さにしたような樹形になるのが基本。背丈はそれほど高くならないため、剪定の必要はあまりない。

 

・移植はほぼ不可能。実が落ちることによって勝手に増えていく。

フユサンゴの基本データ

 

【分類】ナス科 ナス属

    常緑広葉 低木 

【学名】Solanum pseudocapsicum

【別名】タマサンゴ/リュウノタマ

    /クリスマスチェリー/ビッグボーイ

    /エルサレム・チェリー

【成長】早い

【移植】困難

【高さ】0.5m~1m

【用途】鉢植え/下草

【価格】380円~