シキミ(樒)

Japanese star anise

しきみ 画集
サカキとともに神社の境内に使われることで知られる
Japanese star anise
シキミの新芽は赤味を帯びる
シキミの蕾,画像
蕾の様子
樒 開花時期
シキミの花は4月に咲く
シキミの花 開花時期 特徴
シキミは葬儀にも神事にも使われる
シキミ 実
シキミの実は9月に熟す
シキミ
中にある種子が危ない
シキミ 樹木 大きさ
樹高は6mほどになる
樒 幹 画像
シキミの樹皮

【シキミとは】

・宮城県以西の山林に分布する常緑樹で江戸時代から花木として栽培される。光沢のある葉が美しく、サカキ同様、神仏事に使う実用性のある木として庭に植えられる。

 

・木全体に香りがあり、乾燥させた枝葉は線香(抹香)の原料になることなどから別名ハカバナ(墓花)と呼ばれる。土葬の時代は動物に掘り起こされないよう、シキミの枝葉を共に埋葬したという風習もあり、地方によっては縁起の悪い木として庭に植えるのをタブー視する。 

 

・雌雄同株で春(3~4月)になると画像のようなクリーム色の小さな花を咲かせる。花弁が少し捻じれるのが特徴。花の多い年と少ない年の差が激しい。

 

・秋に熟する実に有毒成分(アニサチン、イリシン、ハナノミン)を含むため「悪しき実」とされ、これが転訛しシキミと呼ばれるようになった。(このあたりはアセビ(馬酔木)と同様だが、「臭き実」(クサキミ)がシキミに転じたという説もある。) 

 

・有毒植物は日本に数多いが、なぜか本種のみが、いわゆる毒劇法(毒物及び劇物取締法)において毒物に指定されている。実を食べると嘔吐、痙攣、意識障害が起き、最悪の場合は死に至る。有毒成分は種子よりも果皮に多く、血液の凝固を促進する働きも持つ。

 

【育て方のポイント】

・寒さにやや弱く、植栽の適地は宮城、石川以西となる。

・成長が遅めで、剪定の手間が少ない。 

・日向を好むが、日陰にも強い。(ただし枝葉が間延びする)

・病害虫に強い。 

・湿気のある肥沃地を好むが、あまり土地を選ばない。

・上記のように実には毒があるが、写真のように興味深い形をしている。子供が手を出しかねないため小さな子供がいる家庭では植えないほうが無難。

 

【シキミの品種】

・ベニバナシキミ

 学名はイリキウムランセオラツムで、ピンクの花を咲かせる。庭木としては通常のシキミよりも使いやすい。他にも中国や台湾を産地とするピンク系のシキミや赤い花を咲かせるセイヨウシキミなどがある。 

 

シキミの種類,花の色
ベニバナシキミ
赤い花の櫁
セイヨウシキミ

・フイリシキミ(斑入り櫁)

 葉に白い模様が入る品種で、模様の入り方によってさらに品種を分類することがある。

Japanese star anise
葉に模様が入る斑入りシキミ

 

【似ている木】

ミヤマシキミ

 

 ミカン科の常緑樹で葉がシキミに似るとされるが、葉はシキミより大きく、質感は全く異なる。花や実もシキミとは大きく異なり、筆者には名前以外に共通点が見付けられない。

 

サカキ

 同じように神事に使われるため混同されることがあるものの、葉、花、実それぞれに共通するものは何もないため、慣れれば容易に見分けられる。

赤花シキミ(イリシウム ヘンリー)「☆」

赤花シキミ(イリシウム ヘンリー)「☆」
価格:1,620円(税込、送料別)

シキミの基本データ

 

【分類】 シキミ科/シキミ属

     常緑広葉/小高木 

【学名】 Illicium anisatum 

【別名】 コウノキ/ハカバナ

     ハナノキ/シキビ/ハナシバ 

【成長】 やや遅い 

【移植】 やや難しい 

【高さ】 2m~6m 

【用途】 垣根/公園/墓苑/仏花 

【値段】 800円~