庭木図鑑 植木ペディア > サンゴジュ

サンゴジュ(珊瑚樹)

Sweet viburnum

Sweet viburnum,fruits
秋にできる赤い実が珊瑚に似ているとして名付けられた
サンゴジュの新芽 画像
新芽の様子
leaf of sweet viburnum
サンゴジュの葉はピカピカして綺麗だが、虫食いが多い
珊瑚樹 垣根 画像
サンゴジュの生垣は比較的背丈の高いものが多い
flower of Sweet viburnum
初夏に白い花を咲かせる
サンゴジュの開花時期
近くで見ると複雑な構造で、面白い
サンゴジュの実 写真
実は熟すともう少し黒くなる
サンゴジュの赤い実 画像
実がなる盛夏には、木全体が赤く見える
stem of Sweet viburnum
サンゴジュは株立ちになることが多い

【サンゴジュとは】

・関東地方以西の本州、四国、九州及び沖縄の主に沿海地域に自生するスイカズラ科の常緑広葉。天然の物を見る機会は少ないが、都市部の公園などでは多用される。

 

・夏から秋に赤く熟す実を海のサンゴに見立てて珊瑚樹と名付けられたが、垣根として頻繁に刈り込まれるため、あまり実を見掛けることはない。

 

・刈り込まなければ6月頃にネズミモチに似た白い花を咲かせる。花には無数の虫が集まる。

 

・垣根として使う庭木の中では背丈が高い部類であり、3~4mの垣根を作るのに適している。また、排気ガスに特に強いため、幹線道路沿いに植栽することもできる。

 

・葉は水分が多く、燃えにくい。また、枝は燃やすと泡のようなものが噴出し、延焼しないことから防火用に植栽される。

 

・似たような葉の木は多いが、サンゴジュは葉柄を折って引き抜くと、白い綿のような糸が出てくるのが特徴。

 

【育て方のポイント】

・萌芽力があり、刈り込みによく耐える。また、下枝が枯れることも少ないため、ボリュームのある垣根を作ることができる。

 

・葉虫(サンゴジュハムシ、ハマキムシ、ミノムシ)の被害が多い。特に日陰や風通しの悪い場所はハマキムシの被害を受けやすい。春先の剪定と消毒が必須となる。

 

・日向を好むが、日陰にも強い。(ただし、間延びしやすい)

 

・潮風に強く、海岸の防風垣に使用できる。

 

・砂地でも育つが、栄養分は欠かせない。肥沃な土地を好む。

 

・サンゴのような実は、熟しきると黒紫色になって周辺に落下し、掃除がやや面倒となる。

 

サンゴジュの基本データ


【分類】 スイカズラ科/ガマズミ属

     常緑広葉/小高木

【学名】 Viburnum odoratissimum

【別名】 ヤブサンゴ/キサンゴ/アワブキ

【成長】 かなり早い

【移植】 簡単

【高さ】 5m~15m

【用途】 垣根/公園/防風樹/防火樹 

【値段】 2000円~5000円程度