庭木図鑑 植木ペディア > キンモクセイ

キンモクセイ(金木犀)

Fragrant orange-colored olive

金木犀 花言葉
花言葉は「謙虚」だが、花の時期には、かなり目立つ
金木犀 画像
春先の様子~新芽は赤い
金木犀 葉っぱ 画像
キンモクセイの葉の様子
金木犀 垣根
キンモクセイの生垣
金木犀 手入れ
丁寧に手入れされたキンモクセイ
金木犀 高さ
大木になった様子(昭和記念公園)
金木犀 樹皮
樹皮はサイの脚に似るとして「犀」の字が使われる

【キンモクセイとは】

・モクセイ科の常緑広葉樹であるギンモクセイ(銀木犀)の変種。中国から渡来したものであり、日本の自然界には自生しない。

 

・オレンジの小花が放つ芳香は秋の風物詩となっており、関東以北ではギンモクセイより花がよく咲くため数多く植えられるが、普通「モクセイ」といえばギンモクセイを指す。ジンチョウゲクチナシとともに三香木とされる。

 

・漢字名は木肌が動物のサイ(犀)に似ている?ことから付けられた。似ているかどうかはともかく、樹齢を重ねるにしたがってそれらしくなる。

 

・開花は9~10月でオレンジ色の小花が集まる。銀木犀よりも香りは強い。原産地の中国ではヒイラギと同じような楕円形の実がなるが、日本には雄花しかないため、実を見ることはほぼない。似たような木で実がなるのはウスギモクセイ(薄黄木犀)

 

・ヒイラギを台木として梅雨時に挿し木することで繁殖できる。

 

・中国ではキンモクセイの花を使って「桂花陳酒」という酒や「桂花茶」という茶を作って香りを楽しむという。

 

【育て方のポイント】

・土地を選ばずに育つが花をより多く咲かせるには日向に植える必要がある。

・大気汚染に強いが、空気が汚れていると花付きは悪くなる。乾燥にも弱い。 

・刈り込みに強く垣根に多用される。元来は大木であるため、狭い敷地の垣根として植栽すれば維持が難しい。剪定の適期は花の直後あるいは早春。キンモクセイはその年に伸びた枝に花が咲くため、春から晩夏に刈り込むと花数が少なくなる。 

・大きくなるにつれて、下の枝がなくなりやすい。 

・病害虫に強く、育てやすい。

 

【品種】

ギンモクセイ(銀木犀)は花が白で、香りが劣る。また、葉を縁取るギザギザ(細鋸歯)がキンモクセイよりも目立つ。 

ウスギモクセイは薄い黄色の花が咲き、日本にも雌株があるため実ができる。実は翌春になるとダークブルーになる。匂いはキンモクセイより劣る。関西地方に多い。

ヒイラギモクセイ(柊木犀)はギンモクセイよりさらに葉のギザギザが大きい。

・四季咲きキンモクセイ(スィートオリーブ)~背丈が大きくならず、真夏以外は花をつける。

キンモクセイの基本データ 


【分類】 モクセイ科/モクセイ属

     常緑広葉/小高木 

【学名】 Osmanthus frgrans

     var.aurantiacus

【別名】 丹桂(タンケイ)/モクセイ

【成長】 やや遅い

【移植】 簡単

【高さ】 3m~10m

【用途】 垣根/公園/街路樹

【値段】 300円~2000円程度

この木について語り合う

~この木に関する思い出や豆知識をお気軽にお書きください~

コメント: 0