庭木図鑑 植木ペディア > 今なってる実

今なってる実

植物にできる実としては果物やドングリが有名ですが、山野や道端を歩けば個性的な実がたくさんあります。花よりも主張の激しい実、じっくりと観察しなければ発見できないような実、ここでは関東地方で今の時期に見られる、いろんな草木の実を集めてみました。

 

それぞれの名前や写真をクリックすると詳細ページに移動します。 

アオキ

 

一年中、葉が青いアオキですが、今時分は赤い実が目立ってきています。また、よく見ると蕾も育っています。

イヌビワ

 

完熟後に乾ききった実が、長い間枝に残っています。ビワとは名ばかりでイチジクの仲間です。

ウグイスカグラ

 

早春に咲いた花は早くも赤い実に変わっています。グミのような実は食用になります。

サイカチ 

あまりにも大きな豆の実がなる木ですが、うかつに近寄ると幹のトゲトゲが危険です。

テイカカズラ

香りの高い花が咲く蔓性植物ですが、実は回虫のような形で、生垣などからぶら下がっています。