植木ペディアホーム > 豆のような実がなる木

豆のような実がなる木

 

 

木に巨大な豆がぶらさがっていて驚いたという経験はないでしょうか。一般的なマメのイメージからはかけ離れていますが、実はマメ科の木というものが、私たちの身近に数多く存在します。

 

ここではそうした豆のような実のなる木々を紹介します。(マメ科ですから、豆のようなではなく、豆そのものといえます。)

 

以下、実の大きい順に紹介していますが、それぞれの特徴や実以外の画像については、木の名前あるいは実の画像をクリックしてください。また、画像の豆たちは未熟な緑色ですが、熟すと黒褐色になります。

 

ハナズオウ

 

実の時期:10月

実の長さ:50~70mm

木の特徴

・早春に紫紅色の小粒な花を咲かせる

・葉はハート形

エンジュ

 

実の時期:10月

実の長さ:50~80mm

木の特徴

・公園や街路に使われる

・葉は豆の葉を大型にしたような感じ

ネムノキ

 

実の時期:10月

実の長さ:100~130mm

木の特徴

・夏に筆のようなピンクの花を咲かせる

・道端など環境の悪い場所にも生じる

 

フジ

 

実の時期:10月

実の長さ:100~150mm

木の特徴

・多くの場合、藤棚を作って鑑賞されるが、郊外では杉などに絡まって上方へ伸びる

サイカチ

 

実の時期:10月

実の長さ:200~300mm

木の特徴

・幹や枝には大きな棘がある

・実は石鹸代わりになるため古い民家に見られる

キササゲ

 

実の時期:10月

実の長さ:300mm

木の特徴

・実はササゲ豆に似る

・水辺を好み、夏に大型の花を咲かせる

他にもムレスズメ、エニシダ、ニセアカシア(ハリエンジュ)、イヌエンジュ(クロエンジュ)などが、豆のような実を付けます。