庭木図鑑 植木ペディア > メタセコイア

メタセコイア(曙杉)

Dawn Redwood

メタセコイア 写真
樹形(夏季)
メタセコイア 写真
樹形(初秋)

めたせこいあ 葉っぱ
秋の様子
Dawn redwood,picture
メタセコイアの林

メタセコイアの実 画像
実の様子

メタセコイアの紅葉 画像
紅葉の様子
dawn redwood,picture
幹の様子

【メタセコイアとは】

 

・今では至るところで見掛けるメタセコイアだが、日本に渡来したのは昭和20年代と新しい。かつては化石としての存在だったものが、中国西部で生きたメタセコイアが発見され、アメリカを経由して日本へやってきた。「メタセコイア」とは「絶滅した後になって発見された杉」といった意味。こうした背景からメタセコイアは時に、「生きた化石」と呼ばれる。

 

・メタセコイアは新緑が美しく、触れるとサラサラして清涼感がある。秋には紅葉するが、それほど美しいとは言えない。

 

・秋になると長い柄がついた小さなマツボックリのような実ができる。

 

【育て方のポイント】 

・成長がきわめてはやく、病害虫にも強い。

 

・日向を好み、極端な日陰では生育が悪い。

 

・樹形が自然に円錐状に整う。また、剪定にも強い。(すぐに元どおり)

 

・大木であり、切っても切っても育つため、一般家庭には向かない。

 

・落ち葉がポロポロと崩れやすく、掃除が面倒。下草は落ち葉に埋もれやすい。

 

・樹齢を経るにつれ、根が地表付近に現れるため、周囲の歩行を妨げる。

【類似種との見分け方】

・別名「ヌマスギモドキ」とは、沼杉=ラクウショウに似ているという意味。ラクウショウの枝は下へ垂れやすく、遠目でも判別できるが、それは自然樹形の場合。剪定を繰り返された両者の区別は遠目では難しい。しかし、近付いてみると葉の生え方が異なるため区別できる。ラクウショウは細かな葉が、細い枝から互い違いに生える「互生」だが、メタセコイアは一箇所から対になって生える「対生」となっている。

ラクウショウとメタセコイア 見分け
メタセコイアの葉
メタセコイアとラクウショウ 違い
ラクウショウの葉

メタセコイアの基本データ

【分類】スギ科 メタセコイア属

    落葉針葉 高木 

【学名】Metasequoia

    glyptostroboides

【別名】曙杉(アケボノスギ)

    ヌマスギモドキ/ミズスギ

【成長】かなり早い

【移植】容易

【高さ】20m~30m

【用途】公園/街路樹

【値段】500円~(苗木)