庭木図鑑 植木ペディア > イチョウ

イチョウ(銀杏)

Ginkgo

庭木図鑑 銀杏
イチョウの黄葉
公孫樹 紅葉 写真
紅葉期の様子
イチョウ 庭木図鑑
晩秋の様子

銀杏 画像
でき始めの銀杏
おはつき公孫樹
お葉付きイチョウ

銀杏の木 庭木図鑑
イチョウは神社や学校に多い(初夏の様子)
leaf of ginkgo,picture
葉の形には個体差がある。
イチョウの葉っぱ 画像
切れ込みの長い葉
銀杏の木の剪定
冬の様子 街路樹では、このような剪定が多い
銀杏の樹皮 画像
各地に巨木が残る
イチョウ 岩崎庭園
老木に見られる「乳(あるいは「垂乳」)」 写真は推定樹齢400年

【イチョウとは】

・秋の黄葉や茶碗蒸しでお馴染みのギンナンを楽しめるイチョウは、約2億年以前に栄え、現在まで種を絶やさずに続く歴史の古い植物である。

・中国原産で朝鮮半島を経緯して日本へ渡来したとされる。イチョウという名は、中国名のイーチャオ(鴨脚)が転訛したものとされる。なお、「鴨脚」は葉の形からきている。

・雌雄異株で花粉は風を媒介し、数キロ離れていても受粉できる。最近では落ちたギンナンの匂いや処理が厄介だということで、雄木が好んで植えられる。

・イチョウの葉は血液の循環を改善する効果や老人性記憶喪失を治癒する効果があるとして注目されている。

 

【育て方のポイント】

・病害虫、風、乾燥に強く丈夫。

・痩せ地にも植栽できる。

・葉が密生し、木陰を作る。

・大木であり、一般家庭には向かない。

・毎年、強い剪定を繰り返すと樹形が不恰好になりやすい。

・落ち葉の清掃に手がかかる。

 

【類似種、品種】

以下、品種ではなく遺伝的に発生するものに対する特別な呼称

・オハツキイチョウ ─ 種子が葉に密着してできるため「実付きイチョウ」とも呼ばれる。

・チチイチョウ ─ 幹や太い枝からコブ状の気根が垂れ下がるイチョウ。遺伝的に持ち合わせた木が樹齢を経ると発生する。

・フイリイチョウ ─ 葉に縞模様あるいはドット模様が入るもの。

フイリイチョウ 庭木図鑑
斑入りイチョウ
【斑入り】イチョウ苗【斑入り】イチョウ苗

【斑入り】イチョウ苗【斑入り】イチョウ苗
価格:1,980円(税込、送料別)

イチョウの基本データ

 

【分類】イチョウ科 イチョウ属

    落葉 高木

【学名】Ginkgo biloba

【別名】ギンナン/ギンナンノキ 

【成長】かなり早い 

【移植】簡単 

【高さ】20~30m 

【用途】公園/街路樹

【値段】1000円~3000円