庭木図鑑 植木ペディア > ライラック

ライラック

Lilac

ライラック つぼみ 庭木図鑑
蕾の様子
ムラサキハシドイ 庭木図鑑
花の様子

lilac in Japan
lilac leaf picture
葉の様子

【ライラックとは】

・北海道の街路樹として特に有名なライラックは、ヨーロッパ東南部及びアフガニスタンを原産地とする花木で、明治時代の中頃に日本へやってきた。日本ではリラ(フランス語)と呼ばれることも多い。

 

・花期は4~5月だが、北海道では6月に開花する。香りを楽しむ花の代表であり、香料の原料になる。


・白い花を咲かせる変種(シロライラック)のほか、様々な園芸品種がある。花色は紫、青、白、赤、赤紫などで八重咲き種もある。

 

・ライラックの材は笛やパイプを作るのに用いられた。

 

【育て方のポイント】

・冷涼な地を好み、暖地では育ちが悪いこともある。特に夏の西日には弱い。

 

・肥沃な土地を好むが、環境適応力はあり育てやすい。

 

・花の多い翌年は花が少なくなりやすい。

 

・病害虫に強い(まれにテッポウムシ)。

 

・萌芽力が弱く、強い剪定を好まない。

 

【類似種】

・ハシドイ~北海道から九州まで自生し、ライラックに似た性質を持つが、花は白色のみで、香りもほとんどない。 


ライラックの基本データ

 

【分類】モクセイ科/ハシドイ属

    落葉広葉/小高木

【学名】Syringa vulgaris

【別名】ムラサキハシドイ

    ハナハシドイ

    リラ/紫丁香

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】3m~6m

【用途】花木/公園/洋風庭園

    シンボルツリー

【値段】1000円~3000円