ボタン(牡丹)

Peony

牡丹 樹木図鑑 画像
花の様子
flower of peony in Japan

peony,picture
牡丹の樹形
牡丹 葉っぱ 写真
牡丹の葉

【ボタンとは】

・中国北西部を原産とする花木で、当初は薬用植物として育てられた。6世紀頃から園芸品種が作られたが、日本へ渡来したのは平安時代で、江戸時代になると160種類以上の品種が知られるようになった。現在は江戸時代ほどの隆盛は見られず、30種類程度が栽培されている。なお、園芸品種は芍薬が台木になっているものが多い。

・「花王」という別名のとおり、直径20センチにもなる花の存在感は圧倒的。原種は一重で、紅紫色。

・ボタンの根の皮は薬効があり、漢方薬(牡丹皮)として止血、解熱、鎮痛等に使われる。種子も薬用になる。

・中国名も牡丹と表記し、日本ではそれを音読みしている。

 

【育て方のポイント】

・寒さに強く、砂壌土を好む。

・日向に植え、肥料を十分に与えなければ開花しない。

・花は、その年に伸びた枝の先にできる。

・根元から細枝が発生しやすく、株立ち状に育つ。また、枝もよく分岐する

・一般的な庭木に比べて発芽の時季が早く、落葉も早いのが普通。

・原種は細根が少なく移植しにくいが、市場に出回っているものはほとんどが芍薬を台木にしている。純粋なボタンに比べて短命だが、根が柔らかく、鉢植えなどでも扱いやすい。

 

【品種の一例】

牡丹の種類
島根連鶴
牡丹の種類2
帝冠
牡丹の品種
八重桜

ぼたん 園芸
島大臣
牡丹の種類
昭和の夢

varieties of peony
越の舞姫
紫色の牡丹
紫雲殿
variety of Japanese peony
春の苑

ボタンの基本データ

 

【分類】ボタン科 ボタン属

    落葉広葉 低木

【学名】Paeonia suffruticosa

【別名】花王(かおう)/富貴花

【成長】遅い

【移植】8月末~9月上旬なら可 

【高さ】0.5m~3m

【用途】花木/公園

【値段】1500円~10000円程度