庭木図鑑 植木ペディア > ブッドレア

ブッドレア

Butterfly bush

ブッドレア 品種
花言葉は「魅力」「恋の予感」など
ブッドレア 品種
花の穂は長さ30センチにもなる
育て方 ブッドレア
ブッドレアは株立ち状に育つ
藤空木 葉っぱ
ブッドレアの葉
フサフジウツギ 植木
樹皮の様子 

【ブッドレアとは】

・中国西部を原産とするフサフジウツギ(房藤空木)を原種とした園芸品群の総称。東アジアのほか、チリなどでも庭木として使われる。

 

・原種はフジウツギのとおり藤色の花を咲かせるが、園芸品種はピンク、紫、白など色とりどりの花を咲かせる。

 

・花期は6月から10月と長く、この間、様々な虫が集まることから、英語ではバタフライブッシュ(蝶を呼ぶ木)と呼ばれる。花には甘い微香がある。

 

【育て方のポイント】

・非常に丈夫な性質を持ち、日向であれば、あまり土質を問わずに育つ。日陰では開花しにくい。

 

・寒さには弱く、植栽の適地は東北南部より南となる。

 

・長い花穂にはたくさんの種子ができるため、他の植物がないような開拓地では増殖して繁茂する。

 

・株立ち状に育つのが基本。刈り込みが追い付かないほど成長が早いため、マメに手入れをして樹形を維持する必要がある。強い剪定にもよく耐える。剪定の適期は3月上旬。

 

・挿し木や実生で簡単に増やすことができる。

 

【品種】

・タガイバフジウツギ、フイリブッドレア、タマフジウツギ(チリ産)、トウフジウツギ(中国産)、ニオイフジウツギ(台湾産)などがある。外国産のブッドレアは花の香りがより強いものが多い。

 

ブッドレアの基本データ

【分類】フジウツギ科フジウツギ属

    落葉広葉 低木

【学名】Buddleja davidii

【別名】フサフジウツギ(房藤空木)

    /ニシキフジウツギ

【成長】かなり早い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m

【用途】花木/洋風庭園/公園

 

【値段】800円~