庭木図鑑 植木ペディア > ハルニレ

ハルニレ(春楡)

Japanese Elm

春楡 画像 庭木図鑑
樹形
春楡 樹木図鑑
枝の様子

ハルニレ 庭木図鑑 写真
葉の様子
ハルニレ 葉っぱ 写真
葉の様子

ハルニレ 変な葉っぱ
アブラムシの被害
Japanese elm,picture
ハルニレの大木

ハルニレ 樹形
ハルニレ 幹 写真
幹の様子

【ハルニレとは】

 日本の北部及び千島列島を原産とし、特に北海道では大木が多い。サクラに似た樹形で枝が大きく広がる。春に小さな花を咲かせ、秋の紅葉が美しい。

 

 材がオレンジ色であることから別名の「アカダモ」がある。

  

【育て方のポイント】

 丈夫で成長が早いが、剪定は好まない。広いスペースが必要であるため、一般家庭の庭木としてはあまり使われない。

 

 日陰でも日向でも育つが、栄養分のある土地を好む。

 

 乾燥に強く、湿気を嫌う。

 

 アキニレに比べ、大気汚染に強い。

 

【品種】

・コブニレ~幹や枝のコルク質が発達してコブ状に隆起する品種。


ハルニレとアキニレの違い

【ハルニレとアキニレ】


写真のとおり葉の形、大きさがまったく異なる(左がハルニレ、右がアキニレ。ただし大きさについては時季や個体によって異なる。)

ハルニレの基本データ


【分類】ニレ科/ニレ属

    落葉広葉/高木 

【学名】Ulmus davidiana var.japonica

【別名】ニレ/アカダモ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】15m~25m

【用途】街路樹/公園/盆栽  

【値段】1000円~5000円程度