庭木図鑑 植木ペディア > ハマナス

ハマナス(浜梨)

Japanese rose

ハマナシの実 時期
ハマナスの実は夏にできる
ハマナス 樹木図鑑
実の時期の様子。樹高は2m以内におさまる
浜梨 花 写真
夏に咲くハマナスの花には芳香がある
浜茄子の葉
葉の様子
ハマナスとハマナシ 違い
自生するものには棘がある

【ハマナスとは】

・北海道から山陰地方の海岸沿いに自生するバラ科の低木。中国や朝鮮半島にも見られる。

・ハマナスとハマナシの両方の呼び方があって混乱しやすいが、ハマナシを正式名とする説が有力。ハマナシ(浜梨)は、浜辺に生じ、梨のような味のする実がなることからで、ハマナス(浜茄子)は実をトマト(=赤茄子)に例えたことから。また、正式名のハマナシが東北訛りでハマナスになったという説もある。

・夏にできる実は直径2センチほどで、写真のようにプチトマトに似る。果肉は甘酸っぱく食用できるが梨ほどに美味ではなく、種も多い。

・海岸地に群生する様子が美しく、本来は狭い庭に使うような樹種ではないが、寒冷地に使える貴重な花木として普及している。

・花期も夏であり、花には強い香りがある。

・葉は、葉脈が深くてシワシワに見える。

・自生種は枝に太いトゲが密生するが、栽培品種の多くはトゲがない。

  

【育て方のポイント】

・耐寒性、耐潮性に優れ、バラの台木に使われるほど強い性質を持つ。

・本来は砂地に生えるが、普通の庭土でも問題なく育つ。

・暖かい地方では枝葉が繁茂しやすく、花数は少なくなる。

・株立ち状に育つのが基本で、背丈は最大でも2m程度に収まる。剪定せずに自然樹形を鑑賞するのが基本。

 

【品種】

・変種に白花、黄花、そしてそれぞれの八重咲き種がある。 

ハマナスの基本データ

 

【分類】バラ科/バラ属

    落葉広葉/低木

【学名】Rosa rugosa

【別名】ハマナシ 

【成長】早い

【移植】普通 

【高さ】1m~2m

【用途】公園/海岸緑地/花木  

【値段】2000円~