庭木図鑑 植木ペディア > ハナノキ

ハナノキ

Hananoki

ハナノキ 自生地
ハナノキの樹形
ハナノキ 自生地
自生地は限られるが、街路樹や植物園にはしばし見られる
ハナノキの花 画像
雄花の様子
ハナノキ 花
雌花の様子
ハナノキの種子
花の後には種子ができる
ハナノキ 葉っぱ
ハナノキの葉の様子(夏)
ハナカエデ 葉っぱ
葉の様子はトウカエデに近い
ハナノキの紅葉 画像
ハナノキの黄葉
ハナノキ 樹形
落葉期の様子
ハナノキ 画像
ハナノキの樹皮

【ハナノキとは】

・長野県と岐阜県の境にある恵那山付近に自生するカエデの仲間。ハウチワカエデ同様に、花が咲くモミジとして知られる。葉はトウカエデ同様、浅く三つに裂ける。

 

・春の芽出し前(3月~4月)に、木全体が赤く見えるほど花をつけるため「ハナノキ」と名付けられた。花は濃い紅色の珍奇な形状であり話題性はあるが美しくはない。雌雄異株で、シベの長い雄花の方がより目立つ。

 

・かつては限定された地域にのみ見られた樹種だが、紅葉がキレイなことなどから全国の街路や公園に植栽される。ただし繁殖が難しい木であり、自生地では天然記念物に指定されるハナノキもある。

  

【育て方のポイント】

・自生地は山間の湿地だが、比較的、土質を選ばずに育つ

 

・花や紅葉を十分に楽しむには日向に植える必要がある。

 

・枝振りが整いやすいため、広い場所であれば剪定せずに自然樹形を楽しむのが望ましい。剪定によって小さく維持すれば個人宅でも維持できるが、剪定には技術をとセンスを要する。

 

【類似種との見分け方】

・お寺や墓地に植えられるシキミをハナノキと呼ぶ地方もあるが、本種と関連はない。

ハナノキ 地方名
シキミの花
ハナノキ 地方名
シキミの実

ハナノキの基本データ

 

【分類】ムクロジ科/カエデ属

    落葉広葉/高木 

【学名】Acer pycnanthum 

【別名】ハナカエデ 

【成長】やや早い 

【移植】難しい

【高さ】15m~25m 

【用途】公園/街路樹  

【値段】1500円~20000円程度