庭木図鑑 植木ペディア > ハナズオウ

ハナズオウ(花蘇芳)

Chinese redbud

ハナズオウ 花言葉
花言葉は「裏切り」など
開花時期
蕾の様子
ハナズオウの花
開花は4月頃 葉に先駆け多数の小花が密生する
ハナズオウ 種類
白い花を咲かせる「シロバナハナズオウ」
蘇芳 葉 木 特徴
葉はハート形で、直径10センチ程度になるものもある
ハナズオウ 種類
葉に模様が入る「シルバークラウド」(アメリカハナズオウ)
ハナズオウの種類
紫色の葉を持つ「フォレストパンシー」という品種
ハナズオウの豆 時期
豆のようなハナズオウの種子は、緑から褐色へと変化し
ハナズオウ 豆 実
春先まで枝に残る
花蘇芳 樹木 特徴
樹皮の様子 株立ち状に育つのが基本

【ハナズオウとは】

・ハート型の葉がつくことで知られるハナズオウは、花の色がスオウ染めの色に似ていることから名付けられた。 

・早春に写真のような紫色の小花を枝一面に咲かせる。 

・原産地は中国。日本では北海道南部以南が生育の適地。 

・マメ科である証拠に、秋になるとサヤ状の実が熟す。

  

【育て方のポイント】

・花を楽しむためには日向がよい。日陰では花数が少なく、色も冴えない。 

・性質は非常に丈夫で、痩せ地や乾燥地でも育つなど、土質を選ばない。また、病害虫にも強い。 

・枝が上へ上へと伸び、独特の樹形になる。枝数は少なく、強い剪定を好まない。他の植木と景色が馴染みにくい。芝生の中などに単独で植えるのがベター。

・サヤエンドウのような実は、美的に好みが分かれる。黒ずんだマメが長い間、小枝にからみついている。

 

【類似種との見分け方】

・アメリカハナズオウ(フォレストパンシーなど)

 いわゆる「カラーリーフ」で、紫色の葉が庭に彩を添える。成長が遅く手間がかからないものの、うまく育てば、かなり大きく(高さ5m~7m程度)なる。 

・シロバナハナズオウ

 名前のとおり、白い花を咲かせる。小さなうちからよく花を咲かせるが、紫のものに比べて、やや小ぶりな花となる。 

・シダレハナズオウ(ラベンダーツイストなど)

 名前のとおり、枝が垂れる性質を持つ。洋風の建物にマッチする。

ハナズオウの基本データ


【分類】マメ科/ハナズオウ属

    落葉広葉/低木 

【学名】Cercis chinensis Bnnge 

【別名】ハナスオウ/スオウ/ハナムラサキ

    スオウバナ/スオウギ 

【成長】やや早い 

【移植】簡単 

【高さ】2m~5m 

【用途】花木/公園/切花  

【値段】1000円~20000円程度