庭木図鑑 植木ペディア > ハナイカダ

ハナイカダ(花筏)

Hanaikada

ハナイカダ 庭木図鑑 画像
花の様子
ハナイカダ 画像

花筏 実 画像
実の様子
はないかだ 写真

花筏 樹木図鑑
樹形

【ハナイカダとは】

・北海道南西部から九州までの広い範囲に分布する落葉潅木。自生地は水辺近くで、群生していることが多く、若葉は山菜として利用される。

・4月から5月にかけて咲く花は葉と同じような黄緑色で目立たないが、8月ごろにできる黒紫色の実とともに葉の表面中央にできるため、その奇抜さに観賞価値を求めて、庭木として使われるようになった。葉の上に乗っているような実は暗闇の中でも目立ち、森の生き物たちが好んで食べる。

・ハナイカダという名は、花や実の様子を筏乗りになぞらえてたもの。

 

【育て方のポイント】

・自生地は湿気のある日陰が多く、乾燥には弱い。

・土質は選ばずに育つ。

・幹は分岐して株立ち状に育つ。環境に適応すれば2m程度まで育つが剪定は苦手とする。邪魔になるような場合は、株元から切り除いて幹の数を整理するのがよい。

 

【品種】

・リュウキュウハナイカダ~沖縄に分布するもので、葉に光沢がある。

ハナイカダの基本データ

 

【分類】 ミズキ科 ハナイカダ属

     落葉広葉樹 低木

【学名】 Helwingia japonica

【別名】 嫁の涙/ままっこ

【成長】 やや早い

【移植】 普通

【高さ】 1m~2m

【用途】 雑木の庭 

【値段】 1000円~2000円程度