庭木図鑑 植木ペディア > ハクウンボク

ハクウンボク(白雲木)

Fragrant snowbell

ハクウンボクの開花期
蕾の様子 開花時期は5~6月
Fragrant snowbell
花はエゴノキに似るが、より大きい
ハクウンボクの実 写真
実もエゴノキに似るが、大きさやぶら下がり方が違う
白雲木 樹木図鑑
ヤマガラの大好物となる種子
白雲木 花
新葉と蕾の様子
ハクウンボクとエゴノキ
葉は直径20センチ近くになることも
Fragrant snowbell,leaf
葉の裏側の様子
ハクウンボク 樹木図鑑
高さは15m程度になる
ハクウンボクの紅葉
紅葉期の様子
ハクウンボク 開花 時期
幹に白点を生じるものが多いが、名前の由来はコレではない
Fragrant snowbell
個性的な幹になるものが多い

【ハクウンボクとは】

・北海道から九州まで、日本全国の山地に見られる落葉樹。

・5月~6月にかけて白い小さな花が下向きに、群がるように咲く。その様子から白雲木と名付けられた。

・沙羅双樹に見立てられ、お寺に植栽されることもある。

・秋の黄葉が格別に美しい。

・葉柄の付け根が冬芽をすっぽりと覆うのが特徴で、完全に落葉するまで新芽がないように見える。

・別名のオオバチシャとは葉の大きなチシャ(=エゴノキ)という意味。俗名のオオカメは葉が「オオカメノキ」に似ることからか。

・ハクウンボクの材は緻密で、コケシや将棋の駒などの材料となる。

・種子から取れる油で蝋燭を作ることができる。この種はヤマガラの好物でもある。

 

【育て方のポイント】

・寒さに強い。

・半日陰でも耐える。

・土質をあまり選ばない。

・放置しても樹形が整いやすい(剪定されるのを苦手とし、剪定によって樹形が乱れやすい。)

 

【類似種との見分け方、品種】

・ハクウンボクはエゴノキに似るが、別名のとおりハクウンボクの葉はエゴノキに比べてかなり大きい。(ただしコハクウンボクという品種もある)また、エゴノキは鈴のように花がつくが、ハクウンボクは小さな花が20個近く集まって一つの房を作るように咲く。

 

ハクウンボクの基本データ

 

【分類】エゴノキ科 エゴノキ属 

    落葉広葉 小高木

【学名】Styrax obassia

【別名】オオバチシャ/ハビロ

    オオカメ

【成長】早い

【移植】ふつう

【高さ】5~15m

【用途】街路樹/公園/切り花 

【値段】800円~20000円程度