庭木図鑑 植木ペディア > ノムラモミジ

ノムラモミジ

nomura-momiji

ノムラモミジ 庭木図鑑
初夏の様子
nomura momiji
木によって葉の色は微妙に異なる
野村もみじ 庭木図鑑
春先の様子 「野村」ではなく「濃紫」を語源とする
野村モミジ 紅葉
日差しに透ける様子は特に美しい
ノムラカエデ 花
ノムラモミジの花と種の様子
のむらもみじ 実
ノムラモミジの種子

 

【ノムラモミジとは】

・ノムラモミジはイロハカエデの園芸品種(オオモミジの変種という説もある)で、江戸時代から庭木として使われる。

 

・春先から秋まで、やや紫がかった紅色の葉をつけるため、庭のアクセントとして使われることが多い。(ただし、地域や環境によっては季節に応じて色が変化していく。)

 

・ノムラという名前は人名ではなく、濃紫=葉の色からきている。また、かつては武蔵野と呼ばれていた。

 

・秋は紅葉せず、疲れ切った葉がやや見苦しくなることが多い。

 

【育て方のポイント】

・北海道から九州まで、日本全国で植栽できるが、暖地では葉が緑色になることがある。また、個体によって葉の色が微妙に異なる。

 

・イロハモミジなど一般的なモミジに比べ、より多くの日照を必要とする。日陰でも耐えるが、綺麗な葉を維持し、健康に育てるなら、日差しと湿気のある場所がベター。日陰では枝が間延びしたような感じになる。

 

・夏の暑さが続くと葉が縮むことや、枯れ込むことがある。下草を植えたり、敷き藁をするなどして根の周りの温度上昇を防ぐと効果がある。

 

・剪定に耐えるが、自然な感じに仕上げるには多少センスが必要。

 

・テッポウムシの被害に遭うことがあるため、特に初夏は幹や根元を観察し、早期に対応するのがよい。

 

ノムラモミジの基本データ

 

【分類】 ムクロジ科 カエデ属

     落葉広葉/小高木 

【学名】 Acer palmatum cv.sanguineum

【別名】 ノムラカエデ/武蔵野

【成長】 やや早い

【移植】 普通

【高さ】 4m~5m

【用途】 公園/和風庭園

【値段】 800円~