庭木図鑑 植木ペディア > ニセアカシア

ニセアカシア 

Black locust

ニセアカシア 画像
樹形
ニセアカシア 画像 図鑑
葉の様子

ニセアカシア 葉っぱ
ニセアカシアの葉っぱ 画像

ニセアカシアの花 写真
花の様子
にせあかしあの花

針エンジュ
枝の様子
ニセアカシア ハリエンジュ
幹の様子


【ニセアカシアとは】

・北アメリカを原産とする落葉樹で、正式にはハリエンジュという。日本へ渡来したのは明治時代の中頃。


・エンジュなど他のマメ科の樹木と同様、根に「根粒菌」という菌を共生させていることや、タケやササのように横に張った根の途中から新たな幹を立ち上げる性質を持つ。条件の悪い土地でも容易に育つため、砂防や土地改良のため山奥に植栽されたものが河川を伝って広がり、各地で野生化した。


・大気汚染に強い一方、美しい花を咲かせるため公園などにも使われる。花期は5月~6月で、房状に咲く白い花には強い芳香がある。花はミツバチの蜜源になることで知られ、日本産のハチミツの半分近くはニセアカシアから採取されている。


・爆発的な繁殖力を持つことから環境省がアメリカザリガニやワニガメなどと同じ「要注意外来生物リスト」に入れている一方、養蜂家が保護に努めるなど、立場が難しい木となっている。


・花が咲く小枝には一対の鋭い針(棘)があり、冬芽はそこに包まれて越冬する。


・秋になるとサヤエンドウのような実ができ、落葉後も長期間、枝に垂れ下がる。長さは5センチから10センチ程度。

 

【育て方のポイント】

・非常に丈夫な性質を持ち、北海道から九州までの幅広い地域に適応する。

・貧栄養であっても日当たりが良ければ、砂地や痩せ地でも育つ

病害虫に強い。

・やや風に弱く、強風で倒れることも。

 

【エンジュとニセアカシアの見分け方】

・文字どおり枝に針(棘)があるのがニセアカシア(=ハリエンジュ)で、エンジュには棘がない。また、ニセアカシアは葉の先端が尖っているが、エンジュは凹んでいる。ちなみに、棘のない「トゲナシニセアカシア」という品種もある。

 

ニセアカシアの基本データ


【分類】マメ科 ハリエンジュ属

    落葉広葉 高木 

【学名】Robinia pseudoacacia

【別名】ハリエンジュ/アカシア

【成長】かなり早い

【移植】簡単

【高さ】10m~25m

【用途】公園/街路樹

【値段】1000円~20000円程度