庭木図鑑 植木ペディア > ナンキンハゼ

ナンキンハゼ(南京黄櫨)

Chinese tallow tree

ナンキンハゼ 樹木
紅葉は美しいが、繁殖力が高く、生態系を破壊し得る
南京櫨の木 樹木
初夏の様子
ナンキンハゼの葉っぱ ハート
一度覚えれば、スーパーの駐車場などにも勝手に生えているのが分かる
ナンキンハゼの花 時期
花期の様子
南京櫨 樹木図鑑
できはじめの実
ナンキンハゼの実 画像
はじけた後の実

なんきんはぜ 樹木
どこへでも力強く増えていく
Chinese tallow tree
ナンキンハゼの樹皮

【ナンキンハゼとは】

・名前のとおり中国の中南部を原産地とし、種から蝋を採る有用樹として江戸時代に長崎を経由して日本へやってきた。「ハゼ」との名はあるがウルシ科のハゼとは別もので、樹液に触れてもかぶれることはない。


・「ハゼと同じように蝋が採取できる中国の木」という意味合いでナンキンハゼと命名されたという説、紅葉が埴輪の色に似ているため、埴輪を作る埴師(はにし)にちなんで命名されたという説がある。


・暖地性であり、日本では関東以西の温暖地に植栽される。


・新緑、紅葉、風変わりな実・・・と観賞価値が多いわりに、どんな土壌でも育ち、剪定にも強いとあって街路樹として使われることが多い。


・たいていの樹木は美しく紅葉するために寒さが必要だが、ナンキンハゼは暖地でもカラフルな紅葉を見せるため、特に関西以西では珍重される。


・6~7月にかけて写真のような花を咲かせる。花には芳香がある。


・秋からできる実は落葉後もしばらく木の上に残る。できはじめの実は黒い殻に覆われているが、寒くなるにつれて殻が割れ、中からポップコーンのような白い種子が飛び出す。

 

【育て方のポイント】

・とにかく成長が早く、横への広がりも大きいため、スペースに余裕を持って植える必要がある。一般家庭での地植えには無理があり、鉢で管理するのが無難。


・日向であれば痩せ地でも育てられるが、美しい新芽を見るためには、有機肥料(油かす、鶏糞、骨粉など)を冬季に施す。


・日当たりと風通しの良い場所で管理すれば、病害虫はほとんど見られない。


・剪定に強いが、一律に刈り込むと季節に応じた観賞価値がなくなる。成長の早さとの戦いになるが、不要な枝を適宜元から抜くような剪定が本来は望ましい。


・種子には毒性があるため注意する必要がある。

 

【品種】

・メトロキャンドル~新芽が黄色く美しい園芸品種

 

シラキの葉っぱ
シラキの葉っぱ

 

【似ている木】

 

  シラキ

 ナンキンハゼと同属であり似たような時季に似たような紅葉のグラデーションを作るが、葉の形は明確に異なる。ナンキンハゼは先端が尖ったハート型に近く、シラキは御覧のとおりの形。

ナンキンハゼの基本データ

 

【分類】トウダイグサ科 シラキ属

    落葉広葉 高木 

【学名】Sapium sebiferum

【別名】トウハゼ/ウキュウ(烏臼木)

【成長】早い

【移植】やや難しい

【高さ】7m~15m 

【用途】街路樹/公園

【値段】800円~20000円程度