庭木図鑑 植木ペディア > ナナカマド

ナナカマド(七竃)

Japanese Rowan

開花時期 ななかまど
開花は4月下旬から5月頃
Japanese Rowan,leaf
新緑と白い花のコントラストが美しい
七竈 樹木 葉っぱ
若葉の葉柄は赤味を帯びる
ナナカマド 紅葉
春先でも赤い葉が混じる
ナナカマド 紅葉
暖地では綺麗に紅葉しない
ナナカマドの赤い実 庭木図鑑
実は緑から黄色、黄色から赤へと色付く
fruits of Japanese Rowan
ナナカマドの実
ナナカマド 樹高
高さは10m程度になる
Japanese rowan,stem
樹皮は特徴的で味わい深い

 

【ナナカマドとは】

・北海道から九州までの深山に分布するバラ科の落葉樹。秋の紅葉や赤い実が美しく、北国では街路樹として使われることが多い。

 

・名の由来には、材が堅く、7回カマドに入れても燃え尽きないという説と、良質の炭を作るには7回かまどに入れる必要があることからきたという説がある。ただし実際にはよく燃えることが知られる。

 

・初夏に咲く花は純白で美しいが、ハナアブやハナバチがよく群がる。秋にできる実は球形で枝先にまとまってできる。熟すまでに時間がかかり、落葉後もしばらく枝に残る。熟しきった頃、野鳥が好んで食べるようになる。

 

・ナナカマドの樹皮には独特の臭気がある。

 

【育て方のポイント】

・新緑、花、紅葉、実と四季を通じて観賞価値があるため、人気が高いものの、冷涼な地を好み、都市部などの暖地では育ちにくい。紅葉や実つきが悪く、カミキリムシの被害に遭うことが多い。

・栄養分のある土を好む

・剪定によって樹形が乱れやすい。

 

【品種】

・ウラジロナナカマド~葉に光沢がなく、裏面は白味を帯びる。

・タカネ(高嶺)ナナカマド~高山に分布し、背丈が大きくならない。盆栽として人気がある。

 なお、「ホザキナナカマド」や「ニワナナカマド(=チンシバイ)」は同じバラ科だが、属は異なる。 

斑入ナナカマド 紅(隅)曙覆輪接中苗
価格:3996円(税込、送料別)

斑入りのナナカマドもあります

ナナカマドの基本データ

 

【分類】バラ科 ナナカマド属

    落葉広葉 小高木 

【学名】Sorbus commixta

【別名】オヤマサンショウ

    ヤマナンテン

    ライデンボク

【成長】やや遅い

【移植】難しい

【高さ】5m~10m

【用途】公園

【値段】3000円~10000円程度