庭木図鑑 植木ペディア > ナツロウバイ

ナツロウバイ(夏蝋梅)

Chinese sweetshrub

シャラメイ 開花時期
本当の夏には咲き終わっている
夏蝋梅 シャラメイ
花は、暦の上での初夏(5月頃)に咲く。花言葉は「先見」など
夏蝋梅 蕾 画像
ツボミは真ん丸
なつろうばい 実
花の後にはロウバイと同じように「偽果」ができる
chinese sweetshrub,picture
ナツロウバイの葉っぱ
夏に咲くロウバイ
樹高は3m程度にとどまる
夏に咲く蝋梅
主幹はなく、細かな幹が密生する

【ナツロウバイとは】

・中国の浙江省を原産地とする落葉低木で、中国名を「シャラメイ」という。絶滅危惧種に指定されているが、通信販売で入手できる。

 

・年末年始に開花するロウバイに対し、5~6月に咲くことからナツロウバイと命名された。同時期に開花するアメリカロウバイ(クロバナロウバイ)に性質が近い。

 

・花はロウバイよりかなり大きく、直径8センチ程度になるが、香りはほとんどない。枝先に一輪のみ開花するためロウバイよりはナツツバキなどに近く、全体に詫びがあることから、初夏の茶花として使われることもある。

 

・葉はロウバイに似るものの、ロウバイほどザラザラせず、光沢があり、幅もより広い。

 

【育て方のポイント】

・植栽場所は日向に限るが、根元は乾燥させないようにする。丈夫な性質を持つとされるが、若い葉は病害虫の被害を受けやすいため、マメな観察と消毒が欠かせない。

 

・ロウバイほど成長は早くないため、剪定の手間はあまりかからない。基本的に花数の少ない花木であるが、花は二年目以降の枝につくため、落葉期にむやみに剪定すると花数はより少なくなる。短い枝に花が密生するロウバイとは根本的に性質が異なる。

 

花はデリケートで、雨風の影響を受けやすく、きれいな状態でいる期間は短い。これらを承知で栽培する必要がある。

ナツロウバイの基本データ

 

【分類】ロウバイ科/ナツロウバイ属

       落葉広葉/低木 

【学名】Sinocalycanthus 

【別名】カロウバイ(夏蝋梅)

    /シャラメイ

    /シノカリカントゥス・キネンシス

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】1m~3m

【用途】花木/茶庭

【値段】2000円~