庭木図鑑 植木ペディア > ドクウツギ

ドクウツギ(毒空木)

Chinese coriaria

ドクウツギ 樹木図鑑
実の様子
beayty but toxic seeds

ドクウツギの実 有毒
ドクウツギ 葉っぱ
葉の様子(春)

ドクウツギ 樹形
樹形
どくうつぎ 写真
幹の様子

【ドクウツギウダとは】

・近畿地方以北の山野や道端に自生する低木。ウツギとは名ばかりでドクウツギ科として独立している。実のみならず葉や茎にも毒を含む有毒植物。夏にできる赤い果実はよく目立ち、見た目も綺麗だが口に含めば人命にかかわる。


・雌雄同株で4月から5月に黄緑色の花を咲かせる。葉の付け根付近に咲くのが雄花。


・幹は直立し、枝は少ない。葉は写真のように対になって生じ、一本の小枝に30枚以上できる。幹は数年で枯れ、次々に新たな幹が株元から生じる。

 

【育て方のポイント】

・実や紅葉が美しく、思わず庭植えしてみたくなるが上記のとおり有毒植物であり、一般家庭で育ててはいけない。

 

ドクウツギの基本データ

 

【分類 ドクウツギ科 ドクウツギ属

    落葉広葉 低木

【学名】Coriaria japonica

【別名】イチロウベエゴロシ

【成長】早い

【移植】簡単 

【高さ】1m~3m 

【用途】

【値段】