庭木図鑑 植木ペディア > トネリコ

トネリコ

Japanese Ash

トネリコ 画像
樹形
トネリコ 写真 庭木図鑑
樹形

トネリコの葉
トネリコの葉っぱ
とねりこ 葉っぱ

Japanese ash,seeds
種子の様子
トネリコの木 写真
幹の様子

【トネリコとは】

・本州中部以北に見られる落葉樹。かつて稲作地ではハンノキなどと同様に水田の稲架けに使われた。庭木として使われることは稀だが、4月~5月にかけて咲く円錐状の白い小花に観賞価値があるとして植栽されることもある。

・現在、庭木として大人気のシマトネリコは本種の近縁だが、本種が落葉樹であること、シマトネリコが基本的には常緑樹であることが決定的に異なる。また、本種は日本のトネリコだが、シマトネリコは台湾、沖縄、フィリピンなどの亜熱帯を原産とする。このため本種をサトトネリコと呼んで区別する。トネリコの葉はシマトネリコの葉よりも大きいため容易に見分けられる。

・トネリコの名は、この木の皮を煮て得たニカワを、墨と共に練って写経に使ったことに由来する(共に練る濃)。また、枝についたイボタロウ(あるいはカイガラムシ)の分泌物をワックス代わりに戸の溝に塗って滑りをよくしたため「戸に塗る粉」でトネリコになったという説もある。また、トネリコの樹皮は「秦皮(しんぴ)」といい、昔から眼の病気や痛風に効果があるとされる。

・トネリコの材は緻密かつ柔軟であるため、アオダモなどとともに野球用バットや農具を作るのに使われる。

・類種のセイヨウトネリコは「アッシュ」と呼ばれ、高級ステッキの素材となる。

 

【育て方のポイント】

・土質を選ばず丈夫に育つが、基本的には大木となることや枝振りが大雑把であるため、庭木として使うことは少ない。

・あまり剪定を好まず、剪定によって樹形を乱しやすい。

・湿気を好み、過度の乾燥や夏の暑さにはやや弱い。

 

トネリコの基本データ

 

【分類】モクセイ科 トネリコ属

    落葉広葉 高木 

【学名】Fraxinus japonica Blume 

【別名】サトトネリコ/タモノキ/タモ

【成長】やや早い 

【移植】普通 

【高さ】10m~15m 

【用途】公園/材木 

【値段】2000円~10000円程度