庭木図鑑 植木ペディア > トウゴクミツバツツジ

トウゴクミツバツツジ

Tohgoku mitsuba tsutsuji

東国三葉躑躅 特徴
雄しべは数が多く、下半分が白い毛で覆われている
ミツバツツジ 種類 木
霞が漂う山間で見る花の様は幻想的で美しい
トウゴクミツバツツジ 葉っぱ
葉は菱形に近く、先が尖る(5月下旬の葉の様子)
東国ミツバツツジ 樹皮
枝は規則的に分岐する
ミツバツツジ 種類
木の高さは3m程度になる

【トウゴクミツバツツジとは】

・関東地方の標高が高い場所を中心に見られる落葉性のツツジ。関東地方に多いことで「東国」を冠する。ミツバツツジと名の付くものは他に「サイコクミツバツツジ」「ナンゴクミツバツツジ」「トサノミツバツツジ「コバノミツバツツジ」などがある。

 

・花期は葉が展開するのと同じ4~6月だが、一般的なミツバツツジよりも遅めに咲く。直径は3~4センチで、10本もある雄しべが目立つ。

 

【育て方のポイント】 

花を存分に楽しむためには日向に限るが、丈夫な木で、植え場所を選ばない。

 

・芽を出す力はあり、剪定によって好きな形にできるが、葉は大きめであるため、刈り込まずに自然な形を鑑賞したい。

 

・実生、挿し木によって簡単に増やすことができる。

 

・病害虫に強いが、暑さにはやや弱い。

 

 

 

トウゴクミツバツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科 ツツジ属

    落葉広葉 低木

【学名】Rhododendron Wadanum

【別名】イワヤマツツジ

【成長】早い

【移植】簡単 

【高さ】1m~3m 

【用途】花木/公園/切花 

【値段】1500円~