庭木図鑑 植木ペディア > ツクバネウツギ

ツクバネウツギ(衝羽根空木)

Tsukubane utsugi

ツクバネウツギ 特徴
種子は羽根突きの羽根に似る これが名前の由来となった
ツクバネウツギ 開花時期
4~6月に咲く花は内側に黄色い斑点がある
Tsukubane utsugi
アベリアよりも花、葉ともに大きい
つくばねうつぎ 花 特徴
「プロペラ」から蕾が出てくる
突羽根空木 特徴
高さは2mほどになる
ツクバネウツギ 幹 画像
樹皮の様子

【ツクバネウツギとは】

・本州(関東以西)、四国及び九州に自生する低木で、主に日当たりのよい山地や丘陵地に見られる。

・街路や公園、マンションなどの植え込みに多用されているアベリア(=ハナゾノツクバネウツギ)は本種と同属。本来「アベリア」は属の名前であるが、一般的にはハナゾノツクバネウツギを指すようになった。

・花が咲くのは4月~6月頃でアベリアより早いが、その期間は短い。短い枝の先に二輪一組で開花。内部には写真のとおり黄色い模様ができる。園芸品種であるアベリアに比べれば花付きが悪く、庭木としての利用は少ないが、その分、野趣があって尊ばれることもある。

・ツクバネとは「筑波嶺」ではなく「突く羽根」のこと。プロペラ状になる果実の萼片の様子が羽根突きの羽根に、枝の様子がウツギに似ていることから命名された。

・萼片は5枚で、どれも同じ大きさになるのが特徴。

 

 【育て方のポイント】

・日向であれば土質を選ばず丈夫に育つ。病害虫の被害もほとんどなく、乾燥にも強い。

・刈り込むこともできるが、ただでさえ花付きは悪いため、その時期に注意する必要がある。剪定の適期は花後すぐか落葉中。

 

 

【似たような品種】

・ベニバナツクバネウツギ(アカバナツクバネウツギ)

 文字通り紅花の咲く品種で、本州中部の標高が高い場所に生える。果実の萼片も紅色。

・オオツクバネウツギ

 ツクバネウツギに似るが、萼片が4枚。

・タイワンツクバネウツギ

 文字どおり台湾のほか、日本の南西諸島、奄美大島などに分布する品種。花の内側も白く、全体が純白に見えて美しい。街路樹として普及するアベリアは、本種とツクバネウツギの雑種とされる

台湾つくばね空木
タイワンツクバネウツギの花
山野草:赤花ツクバネウツギ

山野草:赤花ツクバネウツギ
価格:972円(税込、送料別)

ツクバネウツギの基本データ

 

【分類】スイカズラ科/ツクバネウツギ属

    落葉広葉/低木

【学名】Abelia spathulata

        Siebold et Zucc.

【別名】コツクバネ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】1m~2m

【用途】花木・庭園

【値段】1500円~