庭木図鑑 植木ペディア > チンシバイ

チンシバイ(珍珠梅)

false spiraea

チンシバイ 花 写真
花の様子
ニワナナカマド 写真

チンシバイの葉っぱ
葉の様子
ホザキナナカマド 花 画像
ホザキナナカマド

【チンシバイとは】

・別名「ニワナナカマド」でも知られる中国原産の落葉低木。ナナカマドと似たような葉を持つが、それほど大きくならないため、庭植えできるナナカマドとして命名された。

・6月から8月にかけて写真のように清楚な花を咲かせる。開ききる前の花は白玉のようで特に美しく、切花としても使われる。

・花のみならず、新緑や紅葉も観賞価値がある。

 

【育て方のポイント】

・日向であれば土質を選ばず丈夫に育つ。病害虫の被害もほとんどない。

・基本的には冷涼な場所を好むが、日本全国で栽培できる。

・多少の日陰でも育つため、大木の根元に植える花木として好まれる。

・ナナカマドに比べれば格段に成長が早いものの、刈り込みバサミで丸く刈るような手入れは向かない。また、春以降に伸びた新芽に開花するため、3月~5月に剪定すると花を鑑賞できなくなる可能性が高い。

 

【似たような品種】

・ホザキナナカマド

 チンシバイより花や葉が大きい。また、ホザキナナカマドは花序と花柄に毛があり、雄しべが非常に長いことが特徴で、その長さは花弁の倍以上になる。


・キンシバイ

 名前が似ているだけで全く異なる。詳細はキンシバイ

 オトギリソウ科の半常緑低木で、チンシバイと同じような時季に黄色い花を咲かせる。開花期が重なるため混同されることがある。

チンシバイの基本データ

 

【分類】バラ科/ホザキナナカマド属

    落葉広葉/低木

【学名】Sorbaria kirilowii

【別名】ニワナナカマド

    漢字名は「珍至梅」や「珍朱梅」

    という表記もある

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】3m~5m

【用途】花木・公園

【値段】1500円~2000円程度