庭木図鑑 植木ペディア > タマアジサイ

タマアジサイ(玉紫陽花)

Tama ajisai

タマアジサイ 画像
玉のような蕾から名付けられた
タマアジサイ 花
くす玉が割れるかのようにして
タマアジサイ ツボミ
花が現れる(まだ咲ききっていない)
玉紫陽花 葉っぱ
葉は両面とも硬い毛で覆われ、触るとザラザラする

【タマアジサイとは】

・東北地方南部及び関東地方南部に見られるアジサイの仲間

・写真のとおり、蕾が玉のように見えることから名付けられた。蕾の直径は2~3センチで、いくつかの「総苞」に覆われ、開花と共に総苞が脱落して花が現れる。

・花は装飾花と両性花からなる。両性花には花弁が5枚あるが、開花してすぐに落下する。

・かつてはこの葉を葉煙草の代用としており、庭園に植えて鑑賞するものとは考えられていなかったが、日本人の嗜好の変化と共に、庭に使う低木として受け入れられるようになってきた。

・八重咲きの「ヤエノギョクダンカ」などの品種、「ラセイタタマアジサイ」などの変種がある。

 

【育て方のポイント】

・自生地は湿気の多い谷間などだが、土質を選ばず丈夫に育つ。

・直射日光が十分に当たる場所よりも、一日のうち半分は日陰になるように場所に植えるのが良い。

・葉が大きいことに加え、枝が乱立し樹形が揃いにくいため、本来は好んで庭園に使うような木ではないが、剪定によって形を整えることはできる。

タマアジサイ(玉紫陽花)の基本データ

 

【分類】ユキノシタ科/アジサイ属

    落葉広葉/低木

【学名】Hydrangea involucrata

【別名】ヤマタバコ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】1m~2m

【用途】花木/公園/切花

【値段】000円~2000円程度