庭木図鑑 植木ペディア > タニウツギ

タニウツギ(谷空木)

Japanese weigela

谷空木 開花期間
花の時期には至るところに見られる
Japanese weigela,flower
タニウツギの花言葉は「豊麗」「豊穣」など
タニウツギ 樹木図鑑
花の後の様子
たにうつぎ 植木
新芽と実の様子
leaf of Japanese weigela
タニウツギの若葉には毛がある
たにうつぎ 葉っぱ 画像
葉は長さ7センチほどで裏側は白い
黄葉 紅葉 タニウツギ
黄葉の様子
空木の種類
樹皮の様子

【タニウツギとは】

・日本海側を中心に分布するスイカズラ科の落葉低木。5月から6月にかけて写真のように色鮮やかな花を付ける。花は漏斗状で花びらは5枚、満開期は枝が垂れるほどになる。

・山地の谷沿いに自生することからタニウツギと命名されたが、環境への適応力が高く、管理の手間もかからないため、都市部の公園等にも植栽される。

・普段はあまり目立たない木だが、意外に個体数は多く、花期になると至るところで見受けられる。

・タニウツギ属は北アメリカ、中国、朝鮮半島及び日本などに全12種ほどあるが、そのうち10種類は日本に自生する。エネルギッシュなピンクが印象的だが、花の色はピンクに限らない。

 

【育て方のポイント】

・日向であれば土質を選ばず丈夫に育ち、花つきも良い。

・半日陰でも育つため、大木の下の植えつぶしとして使うことができる。

・枝が乱立し樹形が揃いにくいため、本来は好んで庭園に使うような木ではないが、手軽に入手できるため、個人邸でも見られる。

・成長が早く、放置すれば大株になる。他の植木の生長を阻害しないよう、定期的に株を根元で切って更新するのがベター。 

【品種】

・花の色によって以下のような品種がある。

 シロバナタニウツギ(白)、ニシキウツギ(白から紅へ変化するが、花数は少ない)、キバナウツギ(黄)、オオベニウツギ(真紅に近い花を咲かせる)

・「コウタラー」

 ヨーロッパから導入された品種。花の色が柔らかで、株も大きくなりくいことから一般家庭向けといえる品種

白花谷空木
シロバナタニウツギ
錦空木
ニシキウツギ

タニウツギ(谷空木)の基本データ


【分類】タニウツギ科/タニウツギ属

    落葉広葉/低木

【学名】Weigela hortensis

【別名】ベニウツギ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】2m~3m

【用途】花木・公園

【値段】000円~2000円程度