庭木図鑑 植木ペディア > シロモジ

シロモジ(白文字)

Shiromoji

白文字 木 特徴 
クロモジと共に春の訪れを告げるシロモジの花
シロモジ 樹木 特徴
蕾と新芽の様子(3月上旬)
シロモジの花 画像
暖かくなるに従って葉と花を展開させる
シロモジの特徴
シロモジの葉はダンコウバイに似る
shiromoji,tree,Japan
葉の付け根は赤味を帯びる
白文字 樹木 実
秋にできるシロモジの実
shiromoji tree,trunk
樹皮の様子

【シロモジとは】

・本州中南部~九州の山地を原産とするクスノキ科の低木。群生する傾向があり、山間を占拠しているケースもある。

・浅く三つに裂ける葉の形が特徴的で、黄葉も美しいことから、茶庭や雑木の庭に使われる。

・同属のクロモジに対してシロモジと呼ばれ、ダンコウバイ(シロヂシャ)に対してアカヂシャと呼ばれる。

・花季は4月ころで、葉に先立って黄色い小花が群生する。

・爪楊枝の材料にされるクロモジほどではないが、シロモジの枝にも多少の香りがある。

・秋にできる黄褐色の実は自然に裂けて、種子が顔を出す。脂分が多く、かつては燈油などに使用された。

 

【育て方のポイント】

・日当たりを好み、土質は選ばない

・自然樹形を楽しむ木であり、野趣を損なわないためにも手入れは最低限度にとどめる。刈り込みや強い剪定は観賞価値を損なう。株立ち状に育つのが基本であり、不要な枝は株元で切除すると美観を損ねない。

 

【似たような樹種】

クロモジ

 似たような雰囲気を持つが、クロモジの葉は裂けない。また、シロモジは写真のとおり花と同時に若葉が発生するが、クロモジは花の後に若葉が出る。

 

ダンコウバイ

 似たような葉を持つが、シロモジの葉の方が切れ込みが深く、切れ込みの先端が丸くなっている。また、ダンコウバイの実は黒く熟すが、シロモジの実は熟してもクリーム色で終わる。

シロモジの基本データ

 

【分類】クスノキ科/クロモジ属

     落葉広葉/低木 

【学名】Lindera triloba 

【別名】アカヂシャ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】2m~5m

【用途】公園/雑木の庭

【値段】1000円~