庭木図鑑 植木ペディア > シナノキ

シナノキ(科の木)

Japanese Linden

信濃の木 特徴
「信濃」の語源となったとする説もあるシナノキ
シナノキ 葉っぱ 特徴
葉はハート形で直径5~10センチほど
しなのき 樹木図鑑
葉の裏は白く、葉脈が隆起する
レモンの香りがする花
花は6~7月に咲き、レモンの香りがする
Japanese Linden,fruits,picture
シナノキの実
縄の材料 木
樹皮の繊維は丈夫で、縄を編むことができる
信濃 木 特徴
シナノキの冬芽
シナノキ 新芽
新緑の様子 基部にある「総苞葉」は果実にも見られる

【シナノキとは】

・「信濃」の語源になったともされる広葉樹。本州の南岸を除いて全国の広い範囲に分布する。

・丈夫かつ剥がしやすい樹皮には耐久性もあり、かつては縄をなったり衣服を作るのに用いられた。(「シナ」はアイヌ語で「縛る」の意で、こちらがシナノキの由来となったとする説も)

・樹形は端正であり、ヨーロッパでは同類の樹種(リンデン)が街路樹などに好んで使われる。幹がかなり太くなるため、国土の狭い日本において人為的に植栽されることは少ないものの、ハート型の葉が注目され、シンボルツリーとして推奨されることもある。

・6月から7月にかけて写真のような花が咲く。レモンのような甘い香りがあり、ハチミツの蜜源となる。

 

【育て方のポイント】

・日向であれば土質を選ばずに育つ。

・基本的にはほとんど手がかからない。

・樹齢が若くとも開花しやすい。

・耐寒性はあるものの暑さにはやや弱い。

・剪定に耐えるが、雄大な自然樹形を楽しむのが理想。

 

シナノキの基本データ


【分類】シナノキ科 シナノキ属

    落葉広葉 高木

【学名】Tilia japonica

【別名】ライムツリー

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】10m~20m

【用途】公園/街路樹

【値段】800円~10000円程度