庭木図鑑 植木ペディア > サンショウ

サンショウ(山椒)

Japanese pepper tree

Japanese pepper tree,picture
小粒でピリリと辛い種が、この中にある
Japanese pepper tree
実用だけでなく、鑑賞用としても美しい
seeds of Japanese pepper tree
サンショウの実は9~10月頃に熟す
サンショウ 紅葉
黄葉の様子
Japanese pepper tree
植木屋泣かせのトゲは二本一組に生じるのが特徴
山椒 木 画像
新芽と蕾の様子
サンショウ 開花時期
花はあまり目立たない
Japanese pepper tree,leaf,picture
サンショウの葉(夏の様子)
サンショウの木 画像
樹高は最大4m程度
擂粉木棒 山椒
サンショウの幹にはイボができる

【サンショウとは】

・日本、朝鮮半島及び中国を原産地とする落葉低木。

・「サンショウは小粒でピリリと辛い」と表現され、種子が香辛料に使われることで知られる。また、芳香のある若菜も「木の芽」として和食に使われる。

・「椒」は小さくて辛い実という意味で、「山にある小さな辛い実」として名付けられた。

・若菜に続いてクリーム色の花を咲かせ、秋になると赤い実をつける。できはじめの実は緑色で、赤く熟すと自然に破裂して中から黒い種子が顔を出す。中国では果皮を薬用とし、「椒目」と呼ばれる。

・サンショウの材は黄色を帯びて香りがあり、擂粉木として使われる。

 

【育て方のポイント】

・暑さ、寒さに強く、北海道から九州まで植栽できる。

・土地を選ばず丈夫に育つ。それほど手間を掛けるような木ではないが、放任すれば3m程度の高さになる。

・樹形は整いにくい。春先に次々に展開する若菜を、こまめに手で摘み取ると成長を抑制できる。

・枝先には長さ1センチ程度の棘があるため、剪定の際は怪我や衣類の損傷に留意する必要がある。また、小さな子供がいる家庭にはお勧めできない。

 

【品種・類似種】

アサクラサンショウ

 ほとんど棘がないため扱いやすい。

 

イヌザンショウ

 同じミカン科サンショウ属だが、香りが悪く食用にならない。葉のある時期であれば、葉を揉んで匂いを嗅げば区別がつく。また、イヌザンショウは棘が互生につく(サンショウは対生)ので、落葉期にも容易に見分けられる。

サンショウの基本データ

 

【分類】ミカン科 サンショウ属

    落葉広葉 低木

【学名】Zanthoxylum piperitum

【別名】ハジカミ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】2m~4m

【用途】食用/公園

【値段】800円~5000円