庭木図鑑 植木ペディア > サワグルミ

サワグルミ(沢胡桃)

Japanese wingnut

沢胡桃 木
でき始めの実には涼しい雰囲気がある
Japanese wingnut,tree
成熟したサワグルミの実~食用にならない
サワグルミの花 写真
実がなる前には花が咲く
leaf of Japanese wingnut
サワグルミの葉
サワグルミ 樹木図鑑
樹高は30m近くに達する
沢胡桃 木 種類
幹の様子(樹皮が剥離する前)
Japanese wingnut,trunk
樹皮が剥離した後の幹の様子
Japanese wingnut,winter
サワグルミの冬芽

【サワグルミとは】

・北海道南部から九州までの谷川のほとりや斜面に群生するクルミの仲間。庭木としての馴染みは薄いが、水辺の景観を作るために使われることもある。

・10月ころに果実が熟すものの、残念ながら食用にならない。日本に自生するクルミはほかにオニグルミ、ヒメグルミ、ノグルミなどがあるが、果実用に使うのは中国産のシナノグルミ(詳細下記)やテウチグルミなど。

・5月ごろに咲く花は、写真のように長く垂れ下がり、独特の景観を作る。

・老木の樹皮は暗灰色で自然に剥がれ落ちる。その美しさから「寿光皮」と称され、工芸品や細工物に使われる。 

 

【育て方のポイント】

・名前のとおり湿気のあるところでよく育つ。また、肥料分も必要とするため都会のやせ地で育てるのは難しい。

・幹がすらりと直立し、壮大な樹形が美しい。このため相応のスペースがある場所に植えるのが望ましい。

・11月ごろに採種してまけば、ほぼ100%発芽する。

 

【似ている木】

シナサワグルミ~中国を原産とする種で、日本のサワグルミよりも丈夫で、環境の悪い場所にも耐えることから、街路樹や都市部の公園などにも使われる。サワグルミよりも樹形が大振りになりやすい。

サワグルミの仲間
シナサワグルミ

サワグルミの基本データ

 

【分類】クルミ科 サワグルミ属

    落葉広葉 高木

【学名】Pterocarya rhoifolia

【別名】

【成長】早い

【移植】難しい

【高さ】15m~30m

【用途】公園

【値段】800円~10000円程度