ゴマギ(胡麻木)

Siebold's viburnum

ゴマギの花
満開の花には多数の虫が集まる
ゴマキの花
むせかえるほど甘い香りに包まれる
胡麻木 葉っぱ
名前の由来となる葉っぱ 揉むと胡麻の香りがする
ゴマキの赤い実 画像
7月頃に赤い実をつける
胡麻木 赤い実 写真
青空とのコントラストが美しいゴマギの実
ゴマキの実 画像
この実を目当てに鳥が集まる
胡麻木の冬芽
ゴマキの冬芽
胡麻木の樹皮
樹皮はゴツゴツしている

【ゴマギとは】

・本州から九州まで分布するガマズミの仲間で日本固有のもの。樹形は大振りだが、白い花と赤い実が特徴的で、よく目立つ。

 

・開花は4~5月で、画像のような小さな花いっぱいにミツバチがよく集まる。果実は7~9月ごろに赤く熟し、野鳥がついばむ。

 

・葉や若い枝に胡麻のような香りがあるため名付けられた。葉を揉むとより一層、胡麻の香りがする。

 

・葉が丸いものや、葉に模様が入る品種がある。

 

・お寺で行われる護摩に使う木はヌルデなどであり、本種とは関係がない。

 

【育て方のポイント】

・自生地は水辺が多く、湿気を好む。半日蔭程度の場所がよいが、比較的、適応力があり、どこでも育つ。

 

・花や実はガマズミやサンゴジュなどに似るが、大木となるため、一般家庭での植栽は稀。剪定も可能だが、樹形が乱れやすい。

 

ゴマギの基本データ

 

【分類】 レンプクソウ科 ガマズミ属

     落葉広葉 高木

【学名】 Viburnum sieboldii

【別名】 ゴマキ/ゴマシオヤナギ

【成長】 やや早い

【移植】 普通

【高さ】 2~8m

【用途】 公園

【値段】 1500円~