庭木図鑑 植木ペディア > コバノガマズミ

コバノガマズミ

Kobanogamazumi

こばのがまずみ 種類
開花時期は4~5月
ガマズミの仲間
ガマズミより小さく、シベが飛び出る
ガマズミの種類
コバノガマズミの実は9~10月頃に熟す
ガマズミの種類 庭木図鑑
コバノガマズミの新芽
コバノガマズミ 蕾 画像
できはじめの蕾の様子
ガマズミの種類
葉の様子 長さは4センチ程度

 

【コバノガマズミとは】

・西日本を中心に分布する落葉低木で、人家近くの丘陵や山林で見られる。

・写真のように花や実が美しく、あまり大きくならないため庭にも好んで植えられる。環境がよければ紅葉も美しい。

・花期は4月~5月で、花もガマズミに比べれば小さい。直径5ミリほどで雄しべが長く飛び出す。

・実は10月頃に赤く熟す。

「小葉のガマズミ」であり、ガマズミと比べると葉の幅が細く、小さく見える。また、写真のように葉の先端が鋭く尖り、縁のギザギザ(鋸歯)も目立つためガマズミと区別できる。

 

【育て方のポイント】

ガマズミと同様に丈夫であり、北海道から九州まで土地を選ばず丈夫に育つ。

・半日陰程度なら耐えられるが、花や紅葉を十分に楽しむには日当たりが必要。

・剪定に強いが、自然樹形を楽しみたい。

コバノガマズミの基本データ

 

【分類】スイカズラ科 ガマズミ属

    落葉広葉 低木

【学名】Viburnum erosum Thunb

【別名】

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】1~2m

【用途】公園/雑木の庭

【値段】800円~